2009年06月12日

夏の新機種出揃う2009 ソフトバンク編⑤

ソフトバンクの機種紹介が終わったところで、急遽飛び込んできたのがiPhoneの3代目モデル(日本ではセカンドモデル)になるiPhone 3G S。その話題が入ってきたので、ここで取り上げようと思います。


発売はアップルからなんですが、日本での販売代理は、前機種で実績のあるソフトバンクからそれ以前からドコモで販売する(しかもかなりの『袖の下』を積む)んじゃないかとか言われていましたが、結局はやっぱりソフトバンクだったわけです。なお、発売日は6/19。ただし日本では6/26になるそうです。


さて、機種紹介も兼ねて特徴を書いていきますと・・・。
まずSというのは、Speedの意味だそうです。
機種は32GBモデルと16GBモデルの2種類。それにブラック・ホワイトのカラーリング(これは従来と同じ)ということになるので、2機種2パターン(実質4種類)というふうになるわけです(ちなみに、8GBモデルは販売がないため、iPhone 3Gの8GBモデルのみ販売継続)

下り7.2Mbpsの通信速度、カメラ機能がオートフォーカス付300万画素と強化されました。また電子コンパスが搭載されているとのことなので、地図閲覧時に方向音痴になることも少なくなりそう。さらに今回もGoogleとの連携が可能なので、Google MapやYoutubeなどのGoogle関連のコンテンツを利用可能。このあたりはAndroidを積んだHTC Magic(日本ではドコモのHT-03A)に勝るとも劣らないですね。

そしてかねてから言われていた電池の持ちの良さが改善され、バッテリーの強化がなされています。3G通話以外はすべて以前の機種よりも長く利用することが可能になっており、例えば音楽視聴はまる1日以上(30時間)可能になっています。

OSやアプリも強化され、ますます使いやすいコンテンツが提供されやすくなった他、iPhoneを失くした時に便利な「Find My iPhone」(日本語で言うところの「iPhoneお探しサービス」)というサービスが無料で提供されるとのこと。この機能を使えば、Google Map上で紛失場所の確認が可能になるばかりでなく、そこにあるiPhoneへメッセージを送ってアラート音を鳴らすことも可能。さらにそのアラート音はマナーモードになっていても鳴らせるようになっているそうです。
なお発見不可能な場合は、遠隔操作で消去ができるようになっています

個人的に気になるのは、心電図を計るアプリがあるらしいんですが、恐らく医療関係者にも・・・という魂胆が見え隠れするんですけど、日本ではケータイの持ち込みはPHSをのぞいて不可だから、何の意味があるのかと(汗)。
・・・まぁ、外向けコンテンツ?とか思えばいいんでしょうねぇ

あとはゲーム向けのアプリが非常に作りやすいというのも大きな魅力ですね。
例えば、「メタルギアソリッドTouch!」というのがiPhone/iPod Touchで配信されるそうですが、コンシューマーに勝るとも劣らない作品の登場、もしくはコンシューマー作品が移植されています
これがあるので、ソフトバンクの中ではかなり異色にますますなるんですよねぇ・・・。他者だったら私も検討してるんですけど、ソフトバンクなんですねぇ・・・。


この機種が出る日には、再度大行列ができるのかもしれないのでしょうが、何で金曜日にしたんでしょうか?らくまた大混乱になりかねないので、土曜日に変えても怒られないと思うんですけど・・・。



Posted by alexey_calvanov at 22:34│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字