2009年06月09日

夏の新機種出揃う2009 UQコミュニケーションズ編

本来なら3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で終わるはずだったこの機種紹介。
しかしながら、突然7月スタートのUQコミュニケーションズ(以下UQ)が、サービス東名阪展開に向けての発表を行う際に機種も一つだけ紹介したので、ここで7月のサービス開始時に利用可能なサービスと併せて、わかる限り紹介していこうかと思います。
と言ってたら、今度は新世代(3代目)iPhoneが登場するとのことなので、これはどうしようと思っている次第です(爆)。


さて、そんな中でUQのサービス概要が固まった話をしていこうかと思います。

料金プランに関してとそれに対する解約手数料に関する話は、トライアルサービスの時と同じ。
おさらいすると、「UQ Flat」というプランのみで、4480円/月、解約手数料は30日以内での場合のみ2100円がかかるだけで、それ以降は解除料は一切かからないというふう。

そして、今回新しく紹介された新プランは、いわゆるプリペイドサービスに関するプランで、その名も「UQ 1 Day」というもの。
600円/日で24時間のみ利用可能になるというサービスになるという非常にシンプルなプランになっています。
ただし支払いはクレジットカードのみになるので、ウェブマネーが使えるイーモバイルに比べると不便。そして、この1日プランのみなので、連続で使いたい場合はどうしても月額定額プランである「UQ Flat」のほうがいいのかもしれないですね(ちなみに、1週間以上使いたい場合は、「UQ Flat」のほうがベター)
サービス開始は10月からで、既に発表されているオプションサービスの「UQ Wi-Fi」も利用可能とのこと。

そしてオプションサービスといえば、新しいオプションサービスも発表されていまして・・・。
それが「WiMAX機器追加オプション」
追加1台につき200円/月で複数台の所有が可能になるとのことだそうです。この複数台所有は1契約につき3台まで可能とのこと。
この機能を上手く使えば、1台目はノートパソコンに同梱されているUQの機種で、外に出た時、手軽にメールやサイトの閲覧2台目は家のデスクトップや別のノートパソコンに挿しておいたUQのデータカード端末で家の固定通信用として使うことも可能になるわけです。ただし、複数台所有していても同時利用できないので注意

で、これは新サービスというわけではなく、この既存・新サービス・オプションを試したい人向けの新トライアルサービス(リニューアルと言うべきか?)というのが始まるそうです。
それが「Try WiMAX」
現在紹介しているUQの機種をレンタルできるというもの。
基本的にはウェブ上でのやり取りになり、要本人名義のクレジットカードということでやや敷居が高め(ただし、一部量販店では直接貸し出しを行うとのことなので、一応ネット環境のない人にも配慮してはいる)。
その代わり、15日間無料でトライアルが可能申し込みの翌日(注:翌営業日の意味)に発送され、返却も専用の配送伝票も用意されているとのことなので、煩わしさはほとんど感じらないふうになっています。


サービス面では、ある程度の充実を図ってきましたが、実はUQ自身以外の契約を選択できる、いわゆるMVNO(仮想移動体通信事業者)も充実させてきました

MVNOとして参入する会社は、ニフティ(富士通)・ビッグローブ(NEC)といったプロバイダだけでなく、ヤマダ電機やビックカメラグループ(注:ソフマップ秋葉原がMVNO機種を販売するため)といった家電量販店が参入するのも面白いところです。
法人に関しては、ダイワボウ情報システムとUQの親会社の一つになるKDDIが参入します。ちなみに、KDDIは主要株主の一つであるものの、同じ土俵の上で立つことになる模様で、この状態でUQのシェアを何%握れるか注目したいところです。


サービスエリアに関しては、先述のとおり東名阪でサービス開始になるわけですが、関東圏に関しては、トライアルエリアに加えて南関東圏のほぼ5割(9月までには神奈川県境と北関東圏である茨城県の取手市付近まで達している)、東海圏は名古屋市のほぼ全域(同じく尾張地方のほぼ全域と三河地方・岐阜・三重の一部までカバー)、関西圏は都市部を中心に関西圏全域の2~3割(同じく兵庫県南東部はほぼカバー)まで広げるとのことです。


最後に新機種が一つ紹介されていましたが、この機種はメーカーブランドUQから発売の機種ではないものになります。ただ、UQでの紹介がないので、ここで紹介していきます。なお、他にも自社流通やMVNO先からも販売している機種もありますが、以前に紹介した機種がベースになっているので割愛します。


・WMX-U01
通信機器メーカーのアイ・オー・データから発売されるUSBタイプのデータ端末。UQでのみ現状利用可能なメーカーモデル。
オートインストールに対応。またWMX-GW02Aと接続すれば、ルーターとしても利用可能

個人的感想
オートインストールに対応しているので、繋いですぐに利用できるのはうれしいところ。ただ対応しているのはWindowsのみなのでマックにも対応してほしいところ。
ただ、UD01OK/UG01OKとのセットに比べて横に平らになっているので、デスクトップの上にもゲーム機の上にも置ける。もちろんそばにも置けて邪魔にならないと思う。



Posted by alexey_calvanov at 22:06│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字