2009年03月16日

フィデルはお怒りのようだ

今日の早朝行われたワールドベースボールクラシックのサンディエゴ(第2)ラウンドの日本×キューバ。
下馬評では、打線好調なキューバがやや優勢、もしくは投手戦になって緊迫した試合になるのではと言われていましたが、蓋を開けてみれば、キューバのエースのチャプマン選手の大乱調で攻勢を決め、その後の中押し・ダメ押しが効果的に決まって6-0の快勝。松坂選手のキューバ戦に対する強さが、この結果に繋がったのではとも推測しています。

かく言う私も、会社の出社ギリギリまで見ていました(苦笑)。久しぶりにいい試合を見せてもらったと思います。
チャプマン選手は乱調で自滅していったのが何とも情けなかったんですが、あのピッチャーは、条件次第で5年後・10年後には日本を含めた他国の脅威になると確信してます。そのためには、相当な軌道修正が必要になりますが、日本や韓国でみっちりとしたトレーニングをすれば、かなり変わるんじゃないかと思います。


さて、敗れたキューバ、最も悔しがったのは、以前も取り上げた日本チームの采配に批判的だったカストロ元国家評議会議長だったのかもしれません。

カストロ元議長は大の野球好き。また元々実力のあるアマチュア選手で、アメリカにプロテストを受けに行ったほど
そのため、原監督の采配にも触れており、東京(第1)ラウンドでの中島選手のバントを「間違いだった」と批判しているくらい
そのカストロ元議長、日本をかなり警戒しているらしく、「イチローは危険なバッター」とまで言わしめたほど(ただのリップサービスとも心理作戦ともいう説もあるが)。

ところが、今回の試合運びを予見していたかのような素振りをする発言も。それは以下の言葉。


「日本の選手は素晴らしい。WBCで、とてもテクニカルな日本と対決し勝利してほしい。しかし、もし8日の南アフリカ戦で見せたようなケアレスミスを起こせば、(勝利を得ることは)叶わないだろう」



これは、キューバ選手へ気を引き締めろという発言を、日本の選手が素晴らしいことを諭した上で言ったんだと思うのですが、そのカストロ元議長の心配が当たってしまったわけです。

奇しくも、チャプマン選手の乱調・日の差し加減とはいえ、お粗末な守備、そして沈黙した打撃陣に、家や街頭のテレビで見ていた国民のように、さぞや落胆の色を隠せなかったと思います。


しかし、これでキューバナインに火をつけてしまったことには変わりません。恐らく敗者復活戦以降は死に物狂いで挑んでくると思います。
どこで当たっても、日本はそれ相応の覚悟を持って挑むべきでしょう。決してキューバは6点取れるほど楽に勝たせてくれるチームではありません
14点取って勝ちながらも、その後僅差で負けた韓国戦のことを思い出して試合を望んでほしいものです。



Posted by alexey_calvanov at 23:45│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字