2008年10月02日

レコゲー2008 10月 据え置き機編 その他編

さて、お次はその他の注目作の紹介。どれも個性派揃いの作品ばかりです。


まずはWiiから。


Wiiでの最注目作はWii Music
Touch Generationシリーズの最新作で、年齢を問わずにWiiに触れて楽しんでもらいたいことをコンセプトにしています。
今回は音楽の演奏および指揮をテーマに、あたかも本物のクラシックやニューミュージックを演奏および指揮していきます。ヌンチャク以外にもバランスWiiボードでドラムを演奏したりすることもできるそうです。
家族や友人、または宴会やパーティーの小道具として、これから活躍しそうです。一家に1本買っておいて損はないかと。

続いては天誅4
忍の者になって、隠避活動をしながら目標を抹殺するアクションゲーム。今回はWiiリモコンを利用した殺陣ができたりとより操作しやすくなっています。


次はX様。


マルチ展開以外では唯一注目できるのは雷電Ⅳ
アーケードで人気のシューティングゲームの移植。プレイスタイルは、ミサイルの溜め撃ちといったアクセントは加えられているものの、非常にシンプルかつ基本的には腕次第の縦シュー。
アーケードそのままの画面比率でプレイできる他、ハイデフを生かした高精細な映像を楽しむこともできます。
これ以外では、難易度設定が豊富に揃っているので、アーケードではクリアできなかった人でも楽しめる難易度に落とすことも可能。またオリジナルステージも追加されアーケードで腕をならした人も楽しめるように。


新世代機の最後はPS3。


こちらもマルチ展開以外で注目できるのはSOCOM:CONFRONTATION
ヘッドセットマイクを利用して特殊部隊の他の仲間と行動するシミュレーションゲーム。最大32人が集うオンライン専用ゲームで、PS2で出た前作は、通信環境の敷居が高かったのにもかかわらず、日本でもスマッシュヒットを飛ばしました
多彩なゲームモード・武器が選べ、何度やっても飽きの来ない作品になっています。またタイトルのとおり、アメリカにある実際の特殊部隊をモデルにしているので、非常にリアルなのも大きなポイントです。


オーラスはPS2。まだまだソフトラインナップ数は衰えてきません。


真・三國無双5 Special
PS3・X様・Winで出ていた同作品をPS2に移植。
新武将が6人追加されています。
新世代機のほうが確かにきれいなんですが、まだまだPS2でやりたいという需要に押される形で登場というふうでしょうか?

デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王
デビルサマナーシリーズ最新作。シリーズの中で出てきた葛葉ライドウが主人公のRPG。
非常にレトロで難易度のの高い作品ながらも、近年の女神転生シリーズを含めたデビルサマナーシリーズの中でも異色で歯ごたえのある作品に仕上がっています。

サンダーフォースⅥ
セガ発売の横シューティングゲーム。かつてテクノソフトが制作していた同作品の最新作。
今の俗に言う避けシューにはない本格的な撃って撃って撃ちまくる作品
有名なシューティングゲームを手掛けた著名なコンポーザー達が続々参戦。そして、ゾルゲール哲さんのプロデュースなので、相当硬派で堅物なゲームに仕上がってくれることでしょう。

機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスター
今月第2シリーズが始まる同作品のゲーム化。第1シーズンの原作をベースに展開されるミッションクリア型のアクションゲーム。
第1シーズン完全収録+α(オリジナル展開)で、トランザムシステムといった原作どおりのシステムや、迫力のアニメーションと強力な攻撃が両方楽しめるアクションムービー、そして新規アニメーションも収録され、見どころがとても多くファンも納得できそうな仕上がりになっています。
一部第2シーズンの機体も登場するとのこと。


次回はPCゲーム編です。



Posted by alexey_calvanov at 23:03│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字