2008年06月09日

♪娘フロ。/菅野よう子 後編

さぁ、珠玉の名曲ゼントラ盛りの♪娘(ニャン)フロ。後編ですよ。
後半の12曲も神がかかった名曲揃い!泣け!わめけ!そして叫べ!それくらいいい曲ですよ。
なお、★はオススメ曲です。


13:★SMS小隊の歌~あの娘はエイリアン/SMSのみなさん
主人公のアルト達が『バイト』している民間軍事プロバイダーSMSで歌われているもの。もしかすると社歌なのではと思われるが詳細は不明。
歌っているのはSMSの皆さんということになっている。
この文字を見ているだけで、オズマ・リーが血管をひたいに浮かせて、「コラァ、アルトォ~声が小さい!」と怒り狂っているほほえましいシーン(爆)が目に浮かびます
勢いだけで歌っている勇ましい歌だが、非常に聞いてて癖になる歌
ちなみに、クラン・クラン率いるSMSピクシー隊員と一部女性社員は、歌詞の一部があまりにも下品だという理由で歌うの拒否しているとかいないとか<ウソです。

14:★ニンジーン Loves you yeah!/ランカ・リー=中島愛

ランカ・リーが事務所に入って初めて来た仕事と思われるゼントラーディー向け巨大野菜七色にんじんのキャンペーンで歌った曲。ある意味幻のデビュー曲になるのかもしれない。
やや悲しげな感のあるメロディーなものの、13同様聞いてて耳に離れない中毒性の高い曲
ちなみにこの七色にんじん、SMSピクシー隊所属のクラン・クランの大好物で、(マイクローン化した彼女を見た時)子役としてCMで使おうかとランカ・リーの所属する事務所の社長が目を付けていたとかいないとか<大ウソです!

・・・まぁ、そんな冗談はさておき、この曲を聞いて思うのが、さすがCM曲の女王菅野よう子と思わせる点か。
ご存知のように彼女自身、東京電力やマイクロソフトなど様々な企業のCMソングやイメージソングを制作しヒットを飛ばしているその世界では非常に有名な人で、それらの曲を集めたアルバムが発売されているのも記憶に新しいだろう。
これと後述する娘々(ニャンニャン)のCMソングはその片鱗が垣間見え、単なるBGMの枠でくくるのがもったいないくらい。この曲自身歌詞を差し替えて何かのCMに使えないのかと思うくらいだ。

15:★「超時空飯店 娘々」CMソング(Ranka Version)/ランカ・リー=中島愛
元々はお笑いタレントが歌っていたものを人気急上昇中だったランカ・リーに差し替えたところ大ブレイクしたといういわく付のCM。
実際は第1話でランカが歌っていただけでなく、同話のアイキャッチにも使われた。非常に神ががった動画として私も含め興奮したに違いない。
約15秒でこれだけ癖になるのはまさに菅野イズムの究極形。動画(ここで言う動画とはランカ・リーのダンス)も味があっていい。世界中の人間がこのダンスを真似したのもうなずける。

16:♪Alto's Theme
主人公アルトのイメージBGM。何と言うかチャイニーズな雰囲気(笑)。

17:♪TALLY HO!
壮大なBGM。それ以上でもそれ以下でもない(汗)。

18:♪The Target
確か戦闘の時に使われた曲。スターウォーズのようなSF映画のオープニングに使えそうな気がする。

19:♪Bajura
生物兵器とも宇宙生命体とも取れる謎の生物バジュラをイメージした曲。これまたSF映画のオープニングとかに使えそう。

20:★キラキラ
ピアノだけで流れるような音や感情を再現した珍しい曲。09同様イージーリスニングに使えそう。

21:★アイモ~鳥のひと/ランカ・リー=中島愛


キター!


神曲キター!



このアルバムの中で一番のオススメ曲。もう星3つだなんておこがましいくらいの神曲。菅野制作曲(マクロスシリーズ)ではマクロスプラスで歌われた♪VOICES以来の名曲。
設定上では、ランカ・リーが生前から覚えていた唯一の曲で、それに一部歌詞を追加したもの。映画「バードヒューマン」(実はOVA「マクロス・ゼロ」がベース)のエンディングで使われた。なお、ランカ・リーがスターダムに上り詰めたのは第10話「レジェンド・オブ・ゼロ」参照。
なお、その10話のエンディングに使われている。
この曲は基本的にアカペラで歌われている。中の人である中島愛さんの歌手としての能力が極めて高いことを窺わせる曲のひとつ。
クリアな音声が身に沁(し)み、非常に癒される曲。心が洗われるという形容がぴったりと当てはまる。
あと、この曲でもう一つ注目したいのは、坂本真綾さんが一部歌詞担当しているところ(『胸の奥に・・・』から続く中盤以降の部分がその可能性として挙げられる)。さらりとしながらも心優しいイメージの曲に仕上がっている。
これから先シンガーソングライターとしての坂本真綾の活躍が増えてくることを匂わせるきっかけの曲になるかもしれない。

22:♪Take Off
タイトルどおり大空をはばたかんとする感じの曲。18・19同様またもやSF映画のオープニングっぽい曲。

23:★インフィニティ/シェリル・ノーム starring May'n
シェリル・ノームの3rdシングル。このアルバムの中では最も時間軸の古い曲に当たる。
ここまできたら、デビュー曲が聞きたいものだが・・・(ニヤニヤ)。
まぁ、それはさておき、この頃の曲はバラードでもダンスミュージックでもなくロック調の曲。ロックではあるものの、既に彼女の雛形ができていたことを窺い知ることができる
ノリがいい。テンポがいい。曲の最高潮への運びが絶妙。もう彼女の実力は十分に高いのがわかったから、おなかいっぱいの中にこれ以上飯詰め込まないでくれといった感じ(笑)。

24:♪ダイアモンド・クレバス/シェリル・ノーム starring May'n
アニメではエンディングで使われており、設定上ではアルバムの一曲的扱い。
正しく〆にふさわしいバラードの曲。聞けば聞くほど切ない曲。
あと、やっぱりhalの書く歌詞運びは最高だと言わざるを得ない


と以上感想を綴ってきました。

個人的には、各話アイキャッチで入ってたファンファーレや次回予告で使われているストリングが利いたギターの曲が入ってないのが残念なところですけど、それは次回以降ということで・・・。

しかし、ホントに素晴らしい。硬軟いいバランス配分になっていて、聞いてて飽きが来ないスナック菓子食べてるような感覚で耳に入っていくのは菅野さんの曲の素晴らしいところなのかもしれません。
特に02~04のシームレスのライブ曲は臨場感たっぷり。その場に居合わせたかのような錯覚に陥ることうけあいです。
あとは、ランカ・リーの曲が光ってます。シェリル・ノームの曲も負けじと輝いてます。

持ってない人は、タイトルはアレ(爆)でも、「だまされたと思って買え!」と言いたいです。
既にマキシシングル買った人もまた買うのかと思わずに買ってみて下さい。
オススメです!非常にオススメです!買わないと後悔するくらいに!
作品を見た人、今からでも遅くない。取り寄せかけなさい(ギャハ)!



Posted by alexey_calvanov at 23:39│Comments(4)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
クンペイさん>あいすいません、こんな妙な押しの強いアレなモノで魅かれてしまうだなんて(汗)。
坂本さんが出てくるのは、トライアングラーとアイモの歌詞部分だけですが、それ以外の曲も菅野曲が好きならザックリいけると思いますよ。

ちなみに、マクロスFはCSが見えれば、アニマックスで視聴可能です。
・・・もっとも、バンダイチャンネルという『最終兵器』でも視聴可能ですが(爆)。<無料なんだけど1週間毎更新だったなぁ。
Posted by アレックス at 2008年06月11日 01:31
カイズムさん>いえいえ、お役に立てて光栄です。

ここまで神がかったサントラを聞くのは久しぶりです。
ドラクエや英雄伝説Ⅲのサントラを買って以来です。
もちろんマクロス(初代と劇場版とⅡ)のもありますが、それを一直線に飛び越えた感じですね。

アイモとVOICESは何か似たようなものを感じ取れまして・・・。
VOICESが好きな人はこの曲もいい曲だと思うんですよ、はい。ええ、VOICESも泣けますとも。
着うたフルで拾えますので、よろしければ。
Posted by アレックス at 2008年06月11日 01:24
こっちではマクロス放映されてませんが、坂元真綾ファンの私はこの記事の勢いに押され、買います
Posted by クンペイ at 2008年06月10日 23:23
どうもです
曲解説お疲れ様です
割りと知らない情報あったんで勉強になりました
CDは私も買いましたけど良いですねこっちでは放送が無いせいか比較的容易に購入できましたよ
『アイモ~鳥のひと』は私も神曲だと思いますね(゜∇゜)アレックスさんの言われてる様にちょっと泣けてきますわ
Posted by カイズム at 2008年06月10日 02:46

コメントする

名前
 
  絵文字