2008年06月08日

♪娘フロ。/菅野よう子 前編

今回紹介するのは、発売からしばらくして一部店舗では品切れ店続出のテレビアニメ「マクロスF」のオリジナルサウンドトラック集「娘(ニャン)フロ。」です。



・・・って、おいそこの菅野よう子!おまえ、ナンチューなめ腐ったタイトル付けてるんだゴルァ!あまりにアレなタイトルで恥ずかしくて予約頼む時に四苦八苦したじゃないか(ギャハ)!

とまぁ、書いてますが、このサントラ集、単なる曲サントラという位置付けではなく、作中で歌われた挿入歌も封入されさしずめミニアルバム化しているわけです。
しかも一曲一曲のデキが素晴らしくイイ!先述のとおり一部店舗では売り切れになっているので、予約しておいてよかったなとホント思うわけでありまして(注:一部店舗では、まだ若干の余裕がございます(笑))
いやぁ、一曲一曲が神ががってるこのサントラ集、どれもいいので1つずつ紹介してやる!<また余計なことを。
なお、★はオススメ曲です。


01:♪Frontier 2059
作品第1話のオープニングに使われたBGM。雄大な物語を感じさせてくれるのとこれから起こる壮絶な戦いの予感を感じさせてくれます。

02:♪Welcome To My FanClub's Night!(Sheryl On Stage)/シェリル・ノーム starring May'n
この曲から後述の♪射手座☆午後九時 Don't be late(Sheryl On Stage)までは2059年(一部2058年とライナーノーツ上では解説されているが、恐らく誤植)のフロンティア天空門のライブ音源を利用したものをシームレス風でお届け
ノリのいいアップデートな曲。ライブオープニングの曲にふさわしい。
また作詞がhalということもあってか、英語と日本語が上手く流れるように絶妙にミックスされた作詞配置がなされている。しかもそれを聞いていても引っ掛かりがなく実にクリア。
単曲だけでも非常にオススメしたいところだが、このサントラに収められているボーカル曲の一つ一つがとてもクオリティかつレベルの高いものなので、これでも普通の曲になってしまう(汗)。

03:♪What 'bout my star?(Sheryl On Stage)/シェリル・ノーム starring May'n
こちらもライブ音源から。シェリルの曲の特徴であるダンスミュージック風の曲調。02同様非常にアップテンポ。また同じくhal作詞だからか、曲がきれいに流れている。
これも実にいい曲なのだが、後述のランカ・リー版(@Formo)と比べるとこれまた普通の曲

04:★射手座☆午後九時 Don't be late(Sheryl On Stage)/シェリル・ノーム starring May'n
設定上ではシェリル・ノーム最大のヒット曲。ライブでもメインやトリ、アンコール曲にと様々な形態で使われていることだろう。
先行で出たシングルは今回同様品切れが続出した。
いわゆる電波系ソングの類に持っていけるのではないかというくらい歌詞に整合性が全くないが、『もってっけ~』に代表されるノリノリの極北と言わしめるくらいのハイテンションとトリップ感がたまらない
まぁ、歌詞に整合性がないのは作詞が4人(以下自主規制)

05:♪Vital Force
雄大かつ勇ましい感じのするBGM。いい曲なのに、ライナーノーツの解説陣は実に手抜きで人参スナックまで食ってますが(爆)。

06:♪トライアングラー/坂本真綾(サカモトマーヤ)
設定上では、テレビドラマ化されたアニメ版マクロスの主題歌に使われている(タイトルは曲タイトルと同じ)。
実際は「マクロスF」の初代主題歌(7月以降変更予定)かつ坂本さんの15枚目のシングル曲で、オリコンチャート3位、文化放送およびラジオ関西で放送されている「こむちゃっとカウントダウン」5/31(ラジオ関西では6/6)付チャートで1位を獲得している(注:ランクイン期間は結構長かったものの、なかなか1位が獲得できなかった)。
この曲の『トライアングラー』という名前は結構深いものがあり、作品のキモである三角関係を表しただけでなく、坂本・菅野と作品がコラボしたものという意味もあるそうだ
曲は非常に甲高い。耳に突き刺さるというのか突き抜けるという感じ。また実にストレートな内容(汗)。もしかすると、この曲をGabriela Robin(ガブリエラ・ロビン)という外国人が書いているからかもしれない(英語で書いたものを和訳している可能性も考えられる)
ちなみに設定上では、この曲は新進のゼントラーディーミュージカル女優、サカモトマーヤが歌っているんだそうだ(笑)。
・・・って彼女はゼントランだったんですか(ギャハ)!
しかし、デビューから15年近く(声優のキャリアなら20年以上)経つ人捕まえて『新進』って<これ以上言うと、ファンとゼントランな本人に殺されるぞ(爆)。

07:★Zero Hour

設定上ではドキュメント番組のテーマ曲に使われているらしい。
番宣やスポーツ中継とかのインターバルで使えそうなBGM っぽい仕上がり。なかなかどうして聞いていて飽きが来ない。

08:★What 'bout my star? @Formo/ランカ・リー=中島愛、シェリル・ノーム starring May'n
03で歌われていえる曲のランカ・リー版。
設定上では、後述することになる映画「バードヒューマン」のエンディング曲お披露目に先駆けて行われたゲリラストリートライブで披露された幻の音源をベースにしている。このベースを勝手にシェリル・ノームが改ざんして出来上がったのがこの曲。
ベースになったものは消去されたらしく、そちらのバージョンを聞きたかった私以下一部のファン層には非常に遺憾な行為であります(爆)。
とはいっても、シェリルの部分はそうなく、あまり気にならないといえば気にならない
こちらのバージョンはシェリル・ノーム版と違いしっとりと落ち着いた感じに仕上がっている。同じロック/ダンスミュージック系の曲なのにこうも感じが違ってくるのは、歌っている人の性格の違いから来るものなのだろうか?

09:★Innocent green
このサントラの中では珍しい落ち着いた感じの曲。イージーリスニングに使えそうな雰囲気。

10:★アイモ
この曲の詳細は21までお預け。でも一言だけ。


泣け!




11♪ビッグ・ボーイズ
聞いてる限りでは、非常にエキサイティングしてるシーン(例えば野球の試合開始直前に流したりだとかチャンスが来た時に流すとか)に合いそうな曲

12:Privite Army
11同様小刻みなテンポがアクセントになって耳障りがいい。


まだまだあるので、13以降は次回に回します。
ホントに珠玉の曲がゼントラ盛りですよ!



Posted by alexey_calvanov at 14:10│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字