2008年01月10日

ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち⑨

ここからは第5章の冒険を紹介。


第5章は序章と同じ山奥の村から始まります。
ここでは主人公の母から父におべんとうを届けてもらうよう頼まれるので、寄り道しながら届けてあげましょう。
ちなみに、おべんとうは食べてもストーリー上何も影響ありません。もしお腹が空いていたら、食べちゃいましょう(笑)

父にお弁当を届け終えて、母の元に戻ると食事の支度をしてくれます。しかしその途中に主人公の身に起こる重大なイベントが発生。そのイベントが終わると、再び主人公は外に出ることができます。衝撃の結末になってるかと思いますが、ここでやることは2つ。

①村民の一人から重要なアイテムをもらうこと
この方は「ふくろ」と「モンスターずかん」を主人公に託してくれます。
ふくろは当たり前のように道具の一部になってくれます。
「モンスターずかん」はフィールド上でしか使えないものの、アニメーションするキャラが拝め、一部はその動きの多彩さに驚かされるかもしれません。
様々な情報が初めて戦うごとに記載されていくので、何かあったら開くクセをつけておくといいでしょう。特にモンスターコンプリートを目指す方は必須アイテムです(全モンスターを記載すると特典がもらえるので頑張ってみるといいかも)。
②幼馴染みのシンシアのいたところを調べること
調べると、はねぼうしがあるので頂いておきましょう。
このはねぼうし、男勇者なら売ってお金にするしか方法がないですが、女勇者なら装備して守備力を上げておきましょう
以前、女勇者にした場合、ごく初期に有利になる(全体的な流れに大した影響はなし)と書きましたが、それはここのことを指すわけです。序盤は何かとお金が入り用になるので、タダで守備力を上げられるこのアイテムはありがたいわけです。


この2つの用事を済ませたら、すぐ南にある木こりの住む家に。
ここはタダで泊めてくれるのと、色々なアイテムやお金が手に入るので、必ず寄っておきましょう。ここまでで主人公の装備は、どうのつるぎ・かわのよろい(・はねぼうし)にまでグレードが上がるはずです。


慎重を期すなら、ここで少しレベル上げをしてもいいのですが、そのまま南下してブランカに行っても無問題。

ここではアイテムの売り買い(特にやくそう・どくけしそうはいくつか買っておくこと)や情報を仕入れたり、アイテム探しをするなど基本に徹していけば、仲間の話が聞けるはず。そうなると、自然とブランカ~エンドールの洞窟に足を運ぶことになるかと思います。

ちなみに、実は運がよければ、エンドールまで一度も敵に会わずに進むことができる場合もあります

エンドールに着いたら、まずは仲間に関する情報を仕入れること
すると、街の教会の近くで占いを開いている女性に会うかもしれません。そう、彼女こそ4章の主人公の一人ミネアです。

ミネアを仲間にした後、彼女がカジノに連れて行ってほしいと言うはずなので、カジノに向かってみましょう。すると、彼女の姉である同じく第4章の主人公の一人マーニャがスロットに興じているはずです。
マーニャの場合は、ミネアを仲間にしないと、この行動が仇になって聞き入ってくれませんので注意

この2人が第4章でアイテムをいくらか持っている場合は、それを売り払って主人公の装備購入資金にすることができます(ただし、唯一あるアイテムのみが引き継げないようになっている)。
そして、このエンドールにはゴールド銀行があります(実はトルネコの妻ネネが運営しており、仕入れ役のトルネコが戻ってこないことで商売あがったりになったため、以前やってた何でも屋から鞍替えした結果だったりする(笑))。今はそこまで貯まっていませんが、当分はここでしかお金が預けられないので、お金が貯まってきたら、面倒くさがらずに寄っておきましょう


3人揃えば当分は困る事態はないので、じっくり主人公を育て上げて上げましょうレベル上げはこの時から始めるとベターでしょう。いろいろなところに行きがてら主人公が鍛えられえるので一石二鳥です。

ところで、エンドールから北のボンモール・レイクナバにも行くことができますが、現状これといって重要なイベントもないので、ルーラを使う際の記憶用に立ち寄っておいてもいいでしょう。


2人を仲間にしたら再び東へ。今度は大商人と噂されるトルネコを追いかけましょう。


では、今回はここまで。
次回は東に進んだ先にある、ある一つのドラマをご紹介予定。



Posted by alexey_calvanov at 23:55│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字