2008年01月06日

2007年冬の決戦 3日目 後編

さて、3日目というのは言わずもがな。男性向けの本と面白ブースなわけです。
ところが、今回鉄道・メカミリ系が初日に移ったようなので、実質面白ブースは2分割。いわゆるレビュー系と政治批評系がメインで残った感じになりました。


そして、年々思うことが。


人大杉!



さらに言うと、1日で回ろうと思うな。ってか回れない(爆)。
やろうと思えばできなくはないんでしょうけど、あまりの人の多さと列の長さに1日で全てのブースに目星をつけるのは実質不可能になってきましたね。特に個人では。

かくいう私も、色々なブースで並ぶことがありましたが、たいてい並んでる人達は数人もしくは7・8人でチームを組んで大手・個人・企業といった回る班を形成して見に行ってるようです
現に並んでいると、時折ケータイが鳴ったりかけたりして、ここはもう1冊しか買えないとか大手の長い列に足止め食らってるから代わりに買ってきてくれ・・・とかいうやり取りが見受けられるのが大きな特徴でしょうか(これは2日目にも言えそうなんですが)?


というわけで3日目のポイントは、ディズニーランドみたいに1日では回れないから、あらかじめ見に行きたいところに目星をつけて、印つけて、回るルートを書いておけと。
そう、コミケの3日目はまるでディズニーランドのテーマパークや~(by彦麻呂)
・・・こう言っておけば(以下略)


というわけで、最初は大手を回っておく。個人で回るのは相当きついので、絞り込むなら大手。ただ大手になると同人誌販売店に回ったほうがいい場合もあるので難しいところ(しかし価格が高くなるというデメリットもある)。
大手は列の対応が早い場合が多いので、長い列でも1時間もかからない場合が多い。今回は外周に出る大手は少なかったので、時間的ロスは少ない。

厄介なのは内周で列ができる大手と一般ブース
前者は列が途中で切れているので、どこが最後尾か読めない。後者は列作りに慣れてないからだ。

あとは吟味に費やす。あらかじめサイトで調べておくというのも手。
そして気になったところはとりあえず見とけ
そう、コミケの3日目はまるで宝島のトレジャーハンターな気分や~(by彦麻呂)


大手とめぼしいところ、そして面白ブースをほぼ半日かけて回ってきた。それでも全体の1/3くらい(いや、もしかしたらそれ以下)しか回ってない。


それだけ回ると、荷物が大変。正直荷物預かり所で預かってもらうのも手だが、それ以上にキャリーバッグにも入りきらないので、宅配便を利用することにした
実は2日目にも利用しているのだが、あまりにも多くて身動きが取れなくなってしまったから利用してきた
まぁ、キャリーバッグの容積が小さくなっているので仕方がないんですけど

それでも一番小さい容積の箱2箱(2日目に1箱・3日目に1箱)で済んだのはまだいいほうなのかと自問自答。


そして、今回のコミケはサイト内に飲食コーナーが復活したことだろうか。

夏のコミケの時は最悪で。外のとある一角に飲食コーナーがあったんですが、人が多くてこぼしそうになるわ、荷物が心配で上手く動けないわで・・・。やっぱり手軽に食べられるブースは最高です!

そこで一番おいしかったのは、フランスドッグ。中身はフランスパンに大きなソーセージをねじ込んだもの(この表現がピッタリだもの(笑))。
ソーセージのプリプリ加減が最高。そしてケチャップやサルサといったソースが美味い。パンに上手いこと肉汁が吸われるので、こぼす心配もない。これで500円ならそこそこいいなと。
・・・また来年(2008年の夏コミに)来て下さい。


まぁ、これで一通り回ったし、もういいやと思ってたので、午後4時少し前に都バス乗り場に直行し、東京駅に向かうのであった。


・・・うぇ、まだあとがきあるの(爆)?



Posted by alexey_calvanov at 22:43│Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字