2008年01月02日

レコゲー2008 1月 据え置き機編 中編

中編はその他、これはと思うものをサクッと紹介。


魔界戦記ディスガイア3
日本一ソフトウェアの看板ソフトにまで成長した人気シリーズかつ「やり込み」をゲーム業界の中で一般名詞化させた作品
今回は学園モノ的な展開になり、シリーズの面白要素の一つ議会も生徒会に変貌(ただやることは変わってない(苦笑))。
おなじみの連携・コンボ攻撃、積み上げやタワー攻撃だけでなく、積み上げを応用した二段投げや投げレシーブ、モンスターキャラが人型キャラに隣接するとできる魔チェンジなど新システムを積極的に取り入れ飽きを来させません。

大乱闘スマッシュブラザーズX
制作発表からかなり長い間小出しに情報が出てきた任天堂のキラーソフト。いわゆる任天堂キャラ総出演のレバガチャでの対応もできるくらいの格闘要素のあるアクションゲーム
今回はセガのソニック、コナミのスネークが任天堂以外から初出演
そしてWi-Fiを介したオンライン対戦も可能になっているとのこと。またスマッシュボールを攻撃・獲得することで超必殺技が利用できる点、全てのコントローラーで対応できることなど新たな要素やユーザーに対しての配慮も見逃せない。

テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット(PS2)
PSで発売され、一度PS2でリメイクされて発売された同作品の再リメイク。
今回は主人公のスタンと同作品キャラクターの中でも最も人気があるといわれるリオンが主人公のシナリオを収録。これに伴い、PS2版での不評だった部分がブラッシュアップされるのではないかと思われる。

School Days L×H
元はPCゲームの移植。昨年(2007年)夏にアニメ化された際に大きな反響が起こった作品。
・・・言わずもがなNice Boatと後に深夜アニメに深い影響を与える『体内から流れ出る黒い液体』、そして衝撃の第12話なわけですが(笑)。
内容は恋愛アドベンチャー、いわゆるギャルゲー、なわけですが、まるでアニメーションを見ているかのような滑らかな動きがPCゲーム発売当時、かなりの鬱展開なシナリオと共に有名になりました。
初回特典も放送未公開のアニメとインターネットラジオで未放送のCDが収録されるとのこと。

ユア・メモリーズオフ ~Girl's Side~(PS2)
作品としては史上初になる女性向けメモリーズオフ。主人公が女性になっているので、ネオロマンス系の作風に近いのではと思われるところがあるものの、メインキャラの一人に視点が切り替えられる要素もあるので、複雑な恋愛感情や心理描写が描かれるあたりそれらよりも深くなると推測される

ファミリースキー
かつてナムコで発売していたファミリーシリーズがWiiで再度リメイク・リニューアル。その第1弾。
リモコンを利用して、ボーゲン・パラレル・直滑降などスキーテクニックを再現できるほか、先月発売したWii Fitに同梱されているバランスWiiボードにも対応し、よりリアルにスキーを楽しむこともできる。
もちろん、家族で楽しめる設定にもなっているし、Miiを使って自分の分身でプレイすることも可能。

アサシングリード
X様で出たものと内容は同じ。きれいなグラフィックで楽しみたい方はぜひ。


次回はPCゲームの紹介。




Posted by alexey_calvanov at 16:55│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字