2007年11月02日

レコゲー2007 11月 据え置き機編 PS2編

さて、お次はPS2のソフト編です。
詳しくは次回以降に話すかと思いますが、PS3の新型にはPS2の下位互換機能が削除されることが発表されてます。しかしそれでもなお数多くのラインナップが行われているわけで、この切り捨ては時期尚早じゃないかと思うんですが、いかに?
そのことを表しているからか、マルチ展開のソフトの中にはPS2と併用で出しているソフトも多かったりしますが、今回はPS2で出るソフトの紹介を。


ウイイレ・FFXIと注目作品が出てきている中で、これがと言えそうなのは、スーパーロボット大戦 スクランブルコマンダー the 2nd
スパロボシリーズでは異色のリアルサイズのロボットが動くリアルタイムシミュレーション。
前作はあまりの作りの粗さ既存のファンからでも非難轟々だったが、今回はオート操作以外にも、自分自身でダイレクトに操作できるマニュアル操作モードが追加。そして自機中心視点と自機と敵機との中間視点での視点が選べるようになっている。
またゲームステムの一部がスパロボシリーズ寄りに変更(精神コマンドの投入・カットインの追加)、さらに空中ユニットの投入や宇宙戦の導入、そして母艦の設定や最大出撃数が8体まで追加された。
アニメ絵にリアルサイズのロボットというのが違和感ありありなんですが、まぁ、前回があまりにリアル志向に走りすぎていたのもアレだったので、悪くはないのかもしれない。


同じくバンプレストから出る注目作として、ホラー作品の四八(仮)
日本全国47都道府県の怪談・都市伝説等ミステリー作品を集めたホラーノベル。
最初は自分の出身県から始めていき、2回目以降は自由に県を選べる形になっている。
しかし単なる読めるふうではなく、特殊なポイントを貯め、それを消費しないと見ることができないし、見える状態になっても、そのシナリオを見るための人物が揃ってないと見ることができないと非常に複雑。それゆえか何度でも楽しめそうですし、今までにない複雑なシステムで、楽しみながらかつ戦略性も求められそう。


それ以外の作品はギャルゲー3部作、しかもアニメ化というマルチメディア展開もなされている作品のそろい踏みというオマケ付(笑)。


その1:ゼロの使い魔 夢魔が紡ぐ夜風の幻想曲(ファンタジー)
ツンデレシステムという独特のシステムがさらにバージョンアップ。前作以上にキツい作りになったとのこと(2人にお仕置き・2人でごほうびというふうにも)。
作中の注目ポイントとしては、夢の中ではあるが、サイトの住んでいる世界にルイズ達が制服を着て登場・・・。ファンにはおいしいポイントになりそうで(爆)。

その2:ウミショー
週刊少年マガジンで連載中の「健康全裸系水泳部ウミショー」のゲーム化。既に今年の夏にアニメ化もされており、丁度シリーズがリリース中の発売ということでタイミングのいい発売になる。
作品はマルチアドベンチャー。原作をベースに一部オリジナルのシナリオを用意するとのこと。
特徴としては、見たい話が選べるシーンセレクトシステム制限時間内に喜怒哀楽のアクションを示し、そのことで作品の展開が変わるリアクションセレクトシステムの2つ。後者はサクラ大戦シリーズのLIPSを思い浮かべるとわかりやすい。

その3:Myself;Yourself
現在放送中の同名作品の原作。アニメの紹介でも触れてますが、この作品とアニメ化された作品は別物になるとのこと(ただし作品の舞台とキャラは同じ)。
アニメ版では主人公は日高佐奈のみがメインだが、ゲーム版ではアニメ版ではサブ的な扱いの若月修輔も主人公に加わりダブルキャスト的な装いを呈するという近年のギャルゲーでは珍しい作品
ちなみに、発売元のイエティ初のオリジナル作品で、今では珍しくなってきたコンシューマーでのオリジナル作品でもある。


次回は、急遽発表され賛否両論だった新型モデルの出るPS3とX様の似たもの新世代機の紹介予定です。



Posted by alexey_calvanov at 22:30│Comments(2)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
カズトラマンさん>今発売中の40GBモデルはそうなります。
ただ、初期のソフトだけでなく、全てのソフトということになります。

PS2の下位互換が欲しいとなると、20GBモデルか60GBモデルのどちらかになると思います。
ただ、価格的には40GBが安い・・・。人によっては、更なる値下げを狙うという悪循環になりかねないような・・・。
Posted by アレックス at 2007年11月04日 02:27
要するにPS3最新機ではPS2初期のゲームはできないということですか?
Posted by カズトラマン at 2007年11月03日 22:43

コメントする

名前
 
  絵文字