2007年04月14日

春の新アニメ2007 その5 地球(テラ)へ・・・

春の新アニメ、5作品目は30年前に連載されていたSFマンガで、1980年にアニメ映画化された作品でもある「地球(テラ)へ・・・」です。
実は、原作を完全ではないのですが、序盤部分を少し読んだことがあるのと、なぜか私の子供の頃、アニメ主題歌が収められたカセットテープの中にアニメ映画版の主題歌が入っていて、よく聞いたことがあるといういわく付きの作品でもあります。


あらすじは(以下PCではイタリック体表示)、


遥か未来。地球はかつてない繁栄をしていたが、同時に取り返しのつかない環境破壊によって再生不能なまでに崩壊し、滅亡の道を歩もうとしていた・・・。
そこで人類は植民惑星への移民を開始。同時にコンピューターにより出産・人口及び人生の管理統制された世界で暮らすことになった。

主人公のジョミー・マーキス・シンもそんな植民惑星にあるアタラクシアにある管理都市の人工培養施設で生まれ養父母によって育ったひとりである。
ジョミーは一見普通の子であるが、感情の起伏が少々激しく、管理サイドから徹底した精神検査を施されたりもした経緯を持っていた。


14歳になったある日、彼はその歳になると起こる『目覚めの日』に行う成人検査を受けることになる

しかし、記憶を消す段階になって、謎の人物、ソルジャーブルーと名乗る男性がジョミーを助ける。彼は成人検査の過程で発生した特別能力を持った存在ミュウだったのだ。
彼はジョミーをミュウたちの集まる船に呼び寄せることになる・・・。



というふう。
これまでのところ、前述の通り、少々原作を触れているのでわかるのだが、ほぼ原作どおりの展開。唯一違うのはナキネズミの存在だけ?
そして、やはりハイビジョン化された影響は大きく、グラフィックの質が大きく向上している(今回初めて土曜6時の時間帯で導入)。

キャスト陣も中堅からベテランが中心となって重厚感が増している。作品も滞りなく進んでいるので、今後の展開次第で大化けするかもしれない。


また、作品と携帯電話との連動を積極的に行っていて印象に残ったシーンを投票形式で行っており、上位3位はケータイ・PC上で名シーン紹介される
またエンディングでキーワードが発表され、そのキーワードをケータイ上のページで入力すると待受画像が無料でプレゼントされる(ただし、下記の放送局とCS視聴者は対象外)。こういった新しい試みは同時ネットだからこそできるものなのだろうが、こういう積極的な繋がりはどんどん行ってほしい(中長期的な募集としてはナキネズミの名前募集もある)。


ちなみに、小森まなみさんが久しぶりに声優業をやってるんだと思ったり。彼女自身声優業はかなりセーブしている旨の話をラジオ内ではよくしていたので、ちょっと感慨深げになる。




「地球(テラ)へ・・・」放送時間


【JNN】MBSテレビ(毎日放送)系列
(土)18:00~18:30
※ほとんどのJNN(TBSテレビ)系列はこの時間。ただし、以下の放送局は1週間遅れになり、放送時間も異なる。

【静岡】SBSテレビ(静岡放送)
【広島】RCCテレビ(中国放送)

(土)17:30~18:00

なお、5月以降アニマックス・キッズステーション(共にCS)で放送開始予定。

Posted by alexey_calvanov at 21:50│Comments(2)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
茉莉花さん>まもなくスクエニから新装版が出るようです。
おまけにケータイサイトで新装版やサインのプレゼント等もあるみたいですよ。

CSという手段もありますが、とりあえずDVD出るまで待ちますか・・・。
それか1週遅れの静岡にまで見に行くとか<無茶。
Posted by アレックス at 2007年04月15日 20:24
この作品、大好きなんですよ~。原作はもちろん、映画も公開初日に観に行きました。
なのに、見忘れちゃった…アホだ…。
…_| ̄|○ξ
Posted by 茉莉花  at 2007年04月15日 02:53

コメントする

名前
 
  絵文字