2007年03月08日

ゲームにまつわる小ネタ話 ある日の出来事編

昔の話、丁度大学に通っていながら、運転免許なんてこれっぽっちも取る気のなかった私も、就職試験の必須アイテムということで取らざるをえなくなり、慌てて大学卒業前に取りに行った頃の話である。


まだ冬の寒い日の頃だ。お昼過ぎで、まだお昼を食べていなかったので、お昼ご飯食べて帰ろうかなぁ・・・と思ってフラフラ歩いていた。
その時、前方から自転車がやって来る
その自転車はごく普通のもの、いわゆるママチャリで、高校生と思しき学ランの男性が乗っていた。

ところが、乗り方が常識じゃなかった。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


両手に何か持ってる・・・。
そう、彼は両手で携帯ゲーム機(ネオジオポケット)を持って自転車に乗っているのだ。
無論ペダルはこいでいる。彼はこぎながら、指を激しく動かしているのだ!
恐らくやっていたゲームは、ネオポケというハードとその激しい指の動きから見て、格闘ゲームじゃないかと。


さも何事もなかったかのように自転車は疾走して行ったが、それを目の当たりにしている私には、どこの中国雑技団かと思わされるくらいの衝撃的な出来事でもあった。


後にも先にも、こんなことはない。いや、絶対ないだろうね(笑)。あったら困る(爆)。



Posted by alexey_calvanov at 23:00│Comments(8)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
罰天さん>確かに。
あの時はもうネオジオポケットってかなり衰退していた時期だったと思うんですね。だから余計にインパクトがあったと。

『I'm not boy』だけじゃなく、『我が道を行く』ってことも言いたかったんでしょう。
そういうお年頃でしたし(笑)。
Posted by アレックス at 2007年03月10日 20:44
いやいや、まずネオポケをやっている人間を見掛けるのがまれですからな(笑)
まぁ、彼は自己主張したい年頃だったんでは
『I'm not boy』
と(笑)
Posted by 罰天 at 2007年03月10日 10:17
小作マンさん>初めまして。

まぁ、そう言ってやらずとも。
確かに危ない言ったら危ないですけど、何かの特技で売り出せないかと思えば、面白いかと。

それより、こんなサイトでもお気に入りに入れてもらえて申し訳ないやら何やらで(汗)。
Posted by アレックス at 2007年03月09日 23:49
こんばんはー
アレックスさんのブログは前から好きで
勝手にお気ににしてましたが
はじめてコメントします
もし 俺が その自転車見たら
同じゲーマーとして こう言います
「危ないじゃないか!」 そして リアル竜巻旋風脚を食らわせることでしょう 笑
くだらないコメント失礼しました
Posted by 小作マン at 2007年03月09日 02:30
Phantomさん>今でもはっきり覚えてます。
あの本体はモノクロ専用本体だったと。<そこだけはしっかり見てたんだな。

・・・ッテ、ナゼワタシ「すーぱーりあるマージャン」モッテルシッテル?<オマエの行動、ワンパターンだから(ギャハ)。
Posted by アレックス at 2007年03月09日 01:13
問不起さん>そう、ケッタ。
ケッタマシーンですよ!ケッタマシーン!
・・・ってこの表現何年ぶりに言っただろう(笑)?

当時16~18として、もうほぼ確実に社会人でしょうね。
まさか、いまだにネオポケはやってないでしょう。
もうこんなヤツは出てこないと思われ。

最近はケータイ片手に自転車やら車やら動かしてますから、ホント気をつけんといかんです。<・・・そう言いながら、雑踏の中を切り抜け、テトリスやってるバカがここに一匹。
Posted by アレックス at 2007年03月09日 01:10
スーパーリアル麻雀ですよ、きっと。
(そりゃアレックスさんか
Posted by Phantom at 2007年03月09日 00:12
ケッタじゃないの?w
ママチャリ、はママチャリで「ママケッタ」とは言わないものなのですね…w
約10年前ですか…。
その高校生(と思しき)の彼も、すっかり20代後半、やがて30へと片足突っ込んでいるワケですか…。
思えば随分と遠くへときたものですね…。
お互いw
今は、老いも若きも男も女もケータイ片手で、ですから余計に始末が悪い様なw
ドライバーはもちろん、自転車や歩行者も気を付けたいものです。
Posted by 問不起 at 2007年03月09日 00:04

コメントする

名前
 
  絵文字