2007年03月02日

レコゲー2007 3月 据え置き機編 後編

後編はPS2のゲームです。


PS3が出てきても、まだまだ現役のPS2。3月になってもたくさん出てきます。当分はメインハードになっていくのだろうなぁ・・・。


そんな状態のPS2、一番の注目作は無双OROCHI
三國無双と戦国無双の世界観を掛け合わせた無双シリーズの新シリーズ。
今作からは3人一組のチームバトル制で進めていくように。キャラの切り替えや得手不得手を知り尽くすことで、爽快感+テンポよさも合わせて得られるようになった
さらにRPG的な成長要素も追加され、じっくり育てることもできるようになった。
「ガンダム無双」とPS3本体のセット購入はまだまだ高いが、無双はやりたい。逆にガンダムは興味ないけど・・・という方にオススメ。


本格的なアクションRPGを楽しみたいのならキングダムハーツⅡ ファイナルミックス+
「キングダムハーツ ファイナルミックス」とGBAで発売された「キングダムハーツ Re:チェイン オブ メモリーズ」が丸々入った2枚組ソフト。
特に後者はゲーム内容が劇的に変化。クォータービューだったゲーム構成が完全3Dに変化。ギミックも多彩になっている。
それ以外にも新規バトル・ダンジョン・イベントの追加が盛り込まれ、PS2の能力をギリギリまで引き出したともいえる。


他の作品は色々好みによってセレクトして欲しい作品。

その1:インタールード(ベスト版)
・・・単なるベスト版なんですが、推したいのは「パンドラBOX」(限定版)。というのも、この限定版の中には、発売中止になり、イラストレーター堀部秀郎氏の遺作ともなった「斑霧(むらぎり)」の設定資料集が付いてくるからだ。
恐らくこの先手に入らないものになるかもしれないので、ファンの方はぜひ抑えておきたい作品。
なお、作品は以前発売していたものと同一内容なので注意。

その2:ギターフリークス&ドラムマニア マスターピース ゴールド
おなじみのギターやドラムとのセッションも可能なほか、家庭用未収録・アーケード版の懐かしの曲もプレイ可能。また、「マスターピース シルバー」のセーブデータがあれば、そこで使っていた壁紙・スキンも利用可能。
なお、初回分にはオリジナルデザインのe-AMUSEMENT PASSが付いてくるので、これ片手にアーケードに興じるのもオツだなぁと。

その3:金色のコルダ2
コーエーのネオロマンスゲーム。仲間と共にアンサンブルを開くまでに、友情や恋が芽生えるゲーム。
今丁度アニメが放送中なので、非常にタイムリーではある。

その4:ネギま!?どりーむたくてぃっく 夢見る乙女はプリンセス
歌姫編と舞姫編の2種類が出ており、歌姫編の特典は主題歌CD、舞姫編はドラマCDが同梱
ゲームはタクティカルシミュレーション。オウガバトルやFFタクティクスのような戦略シミュレーションになりそう。丁度アニメやってるし、連載は一部のクライマックス直後なので、いい時期の発売ではある。

その5:北斗の拳 ~審判の双蒼星 挙豪伝説~
アーケード版の移植で、おなじみの格闘ゲーム。
最大のポイントは、北斗の拳の歴史をなぞらえるヒストリーモードを搭載。ただ再現させるのではなく、再現シーンをコメント付で見たり、それがコミックスのどこに収録されているのかというトリビア的要素が詰め込まれている点。


とPS2はそれまでだが、最後にドリームキャストの最後(?)になるソフトを紹介して終わりにしたい。
そのソフトの名はカラス(KAROUS)。NAOMI基盤で作られたシューティング。
シューティングにしては珍しく、経験値(点数)を稼いで自機をパワーアップさせる仕組み
製作サイドも、もうこれ以上DCでの製作は難しいかもという話も出ているので、コレクターズアイテムとしても成立するかもしれないが、今までそう書いて思いっきり覆されているので、後悔しない程度に(爆)。


据え置き機編 結論
新世代機が12月の時以来、一応揃った。
PS3はこれから本体を牽引・普及させるタイトルが出てきているので、長期的視野で見れば、伸びてくるかもしれない。
Wii・XBOX360は先月以前とのソフトとの相乗効果で売れていくかもしれないが、インパクトという感ではPS3にやや水を開けられているか?
PS2は鉄板以外はお好みで。しかしながら、幅広く揃えられているのは好印象


次回は携帯ゲーム機の紹介です。



Posted by alexey_calvanov at 23:35│Comments(6)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
たけさん!さん>ソフト開発は熟成するまで数年はかかるといわれてますから、マッタリと待ちましょう・・・。

とりあえず、ドラクエソード待ちですが、何か(笑)。
Posted by アレックス at 2007年03月07日 21:40
Wiiもそろそろ牽引ソフトが出てくれないと、クリスマスまで買う必要がなくなりそ。
Posted by たけさん! at 2007年03月06日 22:12
たけさん!さん>執念というより、コレクター泣かせなほどの嫌がらせです(爆)。

DSといい、Wiiといい、今のゲームの何たるかを知り尽くしている任天堂はホントに素晴らしいと思ってますね。
一時期の停滞の時期でポイントをつかんでいると思います。
ユーザーに立てるようになれば、自ずとついてきてますからね。
Posted by アレックス at 2007年03月05日 23:35
 ド、ドリキャスって、まだソフト作ってたんですねぇ。すごい執念。俺もSS(サターン)ユーザーだったこともあり、次はドリキャスを買って、開発費数十億円のシェンムー買うぞぉと思ってましたが、病気に倒れ普通のコントローラーゲームはできなくなり、GCを子供のために買って、任天堂ユーザーに返り咲きました。
 そのおかげで、片手でも遊べるDSユーザーになれましたし、次はWiiユーザーと検討中です。
Posted by たけさん! at 2007年03月05日 23:09
コリエさん>発売してから8年以上経ちましたが、ここまでソフトが出てくるのも非常に珍しいですね。
今のコンシューマーで長かったハードは確かファミコン(1983~1994)やPS(1994~2005。廉価版除く)だったはず。
難しいかもしれませんが、あと3年くらい頑張ってくれないかなぁと思ったり・・・。

今は手に入れるのが難しいかもしれないですね。
ネット付ハードだったので、中古がほとんど出回らないのと、PSE法の改正で売れなくなってしまったというのが大きな要因でしょうね・・・。
もう製造終了から年数も経ってますので、材料をかき集めて再販ももうできないでしょうねぇ・・・。
Posted by アレックス at 2007年03月04日 22:30
本当に、ドリームキャストは凄いですね。
今は、セガが家庭用ゲーム機を出していないだけに感慨深いものがあるような…
密かに、今一番欲しいハードです。
Posted by コリエ at 2007年03月04日 16:49

コメントする

名前
 
  絵文字