2007年02月09日

冬の新アニメ総括

とりあえず、冬の新アニメが揃ったので、春や秋の時と同じく総括します。
冬の作品では初めて?
作品数が少ないので、総評詳細部分のみ。


がくえんゆーとぴあ まなびストレート
オープニングとエンディングの曲がいいのは言わずもがな。
元々シンガーソングライターとして定評のあった岡崎さんの曲に、声優業界では歌唱力の良さで5本の指に入る林原さんということもあって、最強だと思います、ホント。
1話1話は非常に丁寧に作られている感じがするが、美味しいところを主人公の学美に持っていかれるのはどうかと。
各キャラ1人1人がいい味出しているので、彼女達の味をきちんと出しきれるといいのではないかと・・・。

しかし、相変わらずエンディングのクレイアニメ最強
現状、奇数話毎に放映されている。原作(製作兼ねる)のufotable自身がこういうのが好きらしいとのことですが・・・。私は初見なのでこう言いますが、かなり強烈な部類に入るかと・・・。
とりあえず見たい方、下記にどうぞ。

奇数話で放映されているクレイアニメ・エンディング



セイントオクトーバー
これまた評価のしづらい作品
まずどういう経緯で作られたのかわからない。対象年齢もわからない・・・。
恐らく考えられるところとしては、昔BS-iで放送されていた「ちっちゃな雪使いシュガー」的な扱いを狙っているのではないかと。
キャラの扱いも、シリアスなのかコメディなのか、子供向けとしても、深夜アニメの部類としても、いずれにおいて中途半端
「音ずきん」の後枠でやろうと思ってたら、『赤ヘルメット』の思わぬ人気で深夜枠に放り込んだ・・・的に思えるのは気のせい?

でも、唯一言えるのは、白ロリの変身シーンがエロい<そこか!


シャッフル・メモリーズ
何ですか、このメンヘルアニメ!?
特にヒロインのひとりの楓と亜沙には参った。前者はトンチキ、後者はクレイジーっぷりに参った。
ヒロインみんなが『病気持ち』ではないかと疑ってますよ。
WOWOW版のディレクターズカットということが災いしている模様。結末の進み方とキャラのメンヘルぶりに物議をかもし出したという話は調べてわかってはいたが、こういうふうだったとは・・・(汗)。


ヴィーナス・ヴァーサス・ヴァイアラス
この作品もイマイチよくわからない。
じっくり見ているのだが、主人公達の深い話がまだなされていないので、見てもイマイチ面白くない。要はヴァイアラスを退治しないといけないということはわかったのだが、具体的な部分が全く不明

ただ、曲に関しては高評価したい。ハードな内容ではあるので、曲調とも合っているし・・・。


今回は作品に一長一短があるなぁ・・・。



Posted by alexey_calvanov at 23:08│Comments(2)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
Phantomさん>どうやら、ufotable製作のアニメのエンディングはかなり奇抜らしく、先述のクレイアニメ以外にも紙芝居なんてのもあったらしい・・・。

たぶん、それもかなり強烈じゃないかと(汗)。
Posted by アレックス at 2007年02月10日 23:30
そういやufotableは、フタコイオルタナティブのEDでもクレイ使ってますね。
いや、それだけですが。
Posted by Phantom at 2007年02月10日 13:34

コメントする

名前
 
  絵文字