2007年02月02日

レコゲー2007 2月 据え置き機編 その他 前編

では、その他ゲームの紹介にいくぞよ。<何だよ、いくぞよって。


まずPS2。

ひぐらし以外で注目といったら、「サカつく」ことJ.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!5
セガサターンから始まってシリーズを重ねるサッカークラブ運営シミュレーション。今回のイメージキャラは、カズことFC横浜の三浦知良選手。

もう一つはOutRun2 SP(アウトラン2 スペシャルツアーズ)
元々はアーケードの人気作。最初の作品から数えても20年近く続く名作シリーズでもあります。特にBGMで優れているといわれる作品。
ゲーム的にもグランツーリスモのようなリアルカーシミュレーターではなく、一昔前のリッジシリーズのようなゲーム的なレースゲーム。といっても、サーキットレースではなく、公道をドライブする感覚のレースゲームだろうか(公道レースとも一味違う)。
オリジナルのモードが充実しているので、最近のリアルレースに飽きた方にぜひ。


それ以外で3点。

最初はゼロの使い魔 小悪魔と春風の協奏曲(コンツェルト)
ツンデレアドベンチャーですよ。ツンデレ(ギャハ)。
どういうのかというと、例えば選択肢が2つあるとする。ヒロインのひとりルイズに関する場合だと、ルイズの好感度が上がり他のヒロインのそれが下がる。まぁ、それはありきたり。
ところが、他のヒロインの好感度が上がる選択肢を選ぶと、ルイズの好感度が下がるだけでなく、彼女からお仕置きを喰らう。なお、好感度が上がっても喰らう可能性がある。そう、ある意味マゾヒストゲーム(爆)。

次には蒼い空のネオスフィア ~ナノカ・フランカ発明工房記2~
元はPC(否エロゲー)。全年齢モノではファルコムと並ぶ雄、工画堂スタジオの作品(販売は日本一ソフトウェア)。
システム的にはマリー(エリー)のアトリエに近い。だが、全ての資材を(ほとんどの場合)戦闘で手に入れるマリー(エリー)に対し、(ほとんどの場合)街で仕入れるのが大きな違い。

最後はソウルクレイドル 世界を喰らう者
こちらは製作・発売も日本一ソフトウェア。
作りとしては「魔界戦記ディスガイア」にぱっと見似てなくもないかなという思いが。キャラデザに関しては若干リアルチック。


最後に個人的オススメ(笑)。

オレたちゲーセン族 トリオ・ザ・パンチ
あの迷作(爆)を移植。しかもアーケードの雰囲気そのまま
ケータイアプリ版でも出てますが、大画面で楽しめますよ(核爆)。

デストロイ オール ヒューマンズ!
キター!
キャトルミューティレーションする宇宙人(グレイ)キター!
・・・もう説明するのがバカバカしいぐらいのバカゲーです(爆)。
異文化コミュニケーションの大切さを教えられます(核爆)。
東京ゲームショウで誰も並んでなかったゲームが遂に発売です。独特の雰囲気がありますが、それさえ乗り越えれば強烈に面白いバカゲーです。オレは発売日にひぐらしと一緒に買うぞ(ギャハ)!<このバカ、お持ちかえりぃ~(ギャハ)。


後編は他の据え置き機でGO(ギャハ)!



Posted by alexey_calvanov at 22:25│Comments(2)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
Phantomさん>ええ、凄すぎです。
実際プレイした身でも、このバカゲー、どう調理したらいいのか悩みましたよ(爆)。

元々アメリカゲームで、アメリカではそこそこのヒットを飛ばしたらしいです。
それをローカライズ(しかもグレイのしゃべりを関西弁に)ローカライズしたバカ・・・もとい天才(ギャハ)な方は非常に素薔薇しいです!

これで売れないなんて、日本人みんなヘンだよ!<ひぐらしと同じ価値で見てるオマエのほうがヘンだよ!
Posted by アレックス at 2007年02月04日 00:23
DAHは、ゲーマガDVDで観ましたが凄すぎです。
やはり米の国の人のセンスは一味違いますね。
あと、ローカライズした人っ ちょっとあなた最高ですよ
歌もGood ウルトラ○ンちっくな曲に歌詞が「あ~たまが、ぐ~しゃ~り~」ですよ。
Posted by Phantom at 2007年02月03日 02:39

コメントする

名前
 
  絵文字