2007年02月01日

レコゲー2007 2月 据え置き機編 ひぐらしスペシャル

さあ、今月もやってきましたレコゲー。まずは据え置き機の紹介です。


では、ファミ通を見てみ・・・、
・・・ん、ファミ通のゲームソフト紹介が変わってるよ!今まで据え置き機→携帯ゲーム機だった紹介順が逆になってる!クロスレビューも逆から紹介されているので、まさかとは思ったんですけど・・・。まぁ、見る分には困らないんですけど、何かこう違和感がある。20年以上やってたスタイルが変わってしまったからね・・・。


閑話休題。

2月のゲームですが、今までは不毛の月だったりしたものの、ここ数年はプレ決算月になっている傾向が出てきており、戦国無双シリーズがこの時期に出てくることが多くなった気の抜けない月なんですけど、今年はPS3で「ガンダム無双」が控えているせいか、この時期での発売はなし。あんまり大きな作品もないし、流し気味でいいよね・・・なんて思ってましたよ。

ところが、先日入ってきた緊急速報

ひぐらしのなく頃に祭の発売が2/22に決定!


・・・俄然気が抜けなくなってきました(苦笑)。

で、その「ひぐらしのなく頃に祭」なんですが、元々はPCの同人ソフト(否エロゲー)で発売されたアドベンチャー型デジタルノベル。竜騎士07さんのスプラッタで謎深いシナリオ(ノベル)が口コミで広がり、シリーズを重ねていったもの。同人ゲームで火がついて、コミック・アニメとマルチメディア展開し、遂にコンシューマー(家庭用)ゲーム機で移植がなされた。
なお、同人ゲームからコンシューマーへの移植は(恐らく)史上初。これは同じ同人ゲームで有名なTYPE-MOON製作の「月姫」でも果たせていない快挙でもある。

※ちなみに、「月姫」は「真月譚 月姫」としてコミック・アニメ化は達成。スピンアウト作「メルティブラッド」は元々同人ゲームだが、アーケードを経由してのコンシューマー移植になる。



作品そのものは同人ソフト版をベースにしているものの、同人ソフト版にはなかった選択肢を導入。また、その選択肢の選択次第では、コンシューマーオリジナルの結末に向かうという流れが公表されているので、同人ユーザーも楽しめる作品になりそう
また、イラストは独特のテイストがあった竜騎士07さんの弟(兄だったかも)作のものではなく、DSで出た「怪盗ルソー」のイラストを手掛けたratoさんのものに変更

最大の問題点は、スプラッタな表現描写(テキストやイラスト)がどうなったかについてだが、レーティングの対象年齢はD(17歳以上推奨)アニメの表現等を見ていれば、ほぼ確実にZ指定は免れないと思っていたので、D指定で落ち着いたということは、もしかすると、一部描写がマイルドになっているかもしれない

キャスト陣はアニメ版と同じ。主題歌は彩音さん・いとうかなこさんが担当。恐らく、ここ最近のゲームでは最強の布陣になるかもしれない。


とにかく、同人界を席巻した作品の上陸で、発売延期はあったものの、入念にマルチメディア展開をし、それも確実にヒットさせているあたり、ホンモノだと言いたい。

できれば、本来のコア層よりも、ホラー系の好きな人達に触れて欲しい作品でもある。ひと味もふた味も違う作品。怖いを通り越して背筋が寒くなるのもありますので、今までのホラーが怖くないと感じた方にぜひ。
あ、最初は怖いどころか、ほのぼの萌え萌え暴走系になってますが、激しくスプラッタでシリアスホラーシーンが作中に突然転調してきますし、そのギャップ(惨事)に慣れると、ほのぼの萌え萌え暴走系シーンが薄ら寒く感じるようにもなってきます(特にセカンドプレイ以降)

ちなみに、限定版もあります。特典も知っている人にはニヤリとできる代物です。


据え置き機はGTAといいこの作品といい、まだまだ元気です。とにかくこの作品、対象年齢内の方であれば、嫌いじゃない限り、触れてみることをオススメします


なお、原作のテイストを知りたい方は、ケータイでも体験できます(ドコモ・ソフトバンク。共に3G機種。auでも供給されていたが、現在は休止)。
・・・あああ、書いてるうちにひぐらしスペシャルになっちゃったよ(爆)。


その他の作品紹介は次回にさらりと<流すな。しっかりやれ。


※一部内容に誤りがあったので訂正しております。お詫び致します。




Posted by alexey_calvanov at 22:35│Comments(4)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
天音川カナタさん>公式サイトで確認してきました。

・・・また間違えてるよ(泣)。

そんなビックリマンチョコみたいなことせずに、楽しんでやって下さいよ(爆)。
面白いと思いますけどねぇ・・・。
Posted by アレックス at 2007年02月02日 22:04
Phantomさん>あ、ホントだ。
・・・なんで歌手の方書いたんだろう(爆)?
直しておきました。

投稿プログラムといえば、ドアドアなんてのもそうでしたね。
チュンソフトの中村光一さんの出世作ですし。
Posted by アレックス at 2007年02月02日 21:53
ひぐらしって「祭」のことですよね?
主題歌担当はたしか彩音さんと いとうかなこさんじゃなかったかと…。
たぶんゲームは買わないと思いますが、特典は欲しいです(ぉ
Posted by 天音川カナタ at 2007年02月02日 17:00
「Rato」さんですね
そういや同人ゲーからコンシューマってありませんでしたね。
投稿プログラムからだと「香港」(ファミコンディスク)とかあるんですが。
Posted by Phantom at 2007年02月02日 01:51

コメントする

名前
 
  絵文字