2005年09月23日

自ブログコメント派とクロスコメント派について

以前、『若返り必死の日々』(お気に入りの中から飛べます)の中で、自ブログコメントとクロスコメントについて書かれていましたが、それについて、私自身が書いたコメント投稿に若干の追記を加えて、トラバに代えさせて頂きます。


私自身、webページをやっていた経験もある関係上、ブログを始めるのには抵抗はありませんでした(ただ、システムがわかりづらかったので、そこには大きな抵抗感があったのは否めませんが)。
私自身はクロスコメントは否定派です。やっている方々すいません。
だからといって、禁止事項にしてまで拒否するほどでもありません。

自ブログコメント派な理由
・クロスコメントにされると、どこのどの記事なのか思い出せない。
・コメント欄というのは基本的には『記事別掲示板』という考えなので。
・それに付随して、記事を読んでいる第三者が置いてけぼりを食らうのはなるべく避けたい。


やはり、第三者が来ている中に、クロスコメント(この場合、記事と関係ないコメント)が割り込まれていると、私でも書くのに躊躇(ちゅうちょ)します。他のサイトを見に行った時にはなおさらです。


ただ、私のコンセプトとして、
『PCからもケータイからもユーザーは平等である』
『来る者拒まず、去る物追わず』
『1つのカテゴリーやジャンルにこだわると先が細りかねないので、雑多なことに目と耳を向ける』

と考えています。
ただ、3番目のコンセプトはやや揺らぎがち・・・。

そして、クロスコメントユーザー対策として、
『掲示板』(自由に書ける場所)を作っているわけです。
この『掲示板』は元々クロスコメント対策以外にも、もし書くことがなくなった時とかに、そこからネタを拾う、いわゆるネタ探し的な意味も含まれています。

クロスコメントが元々集まりにくいブログのコメントを集めるのに(現状)最も有効な手段である以上、否定も肯定もしません。ただ、どうしてもネットに慣れている古参(?)ユーザーには何かしらの抵抗を感じるわけです。
その点はご理解とご協力を頂きたいものです。


なお、私自身、初めて来た方のサイトは見に行ってます。ただ、コメントを残すかは、そのサイトで興味の出るコメントがあるかどうかになってしまうのは申し訳ないと思っております。


ところで、どうして自ブログ派とクロス派というのが出たのでしょう?
恐らく、コミュニケーションのとり方の違いかもしれません。

自ブログコメント派
コメント欄を(記事別)掲示板と捉えており、インターネットに長けている(可能性が高い)。
クロス派対策として『掲示板』を設ける節がある。
PCで見ている、またはPCとケータイを併用しているユーザーが主流。


クロスコメント派
コメント欄をコミュニケーションノート感覚(早い話が交換日記)に捉えており、メールでのコミュニケーションに長けている(可能性が高い)。
自ブログ派対策は特になさそう・・・。
ケータイユーザーは自分の書いた記事が捜しにくいため、この手法が普及したといわれる(この点は確かに納得がいく)。


最後に
うちのブログは自ブログコメントにて行っております。
記事と関係ないことを書く場合は『掲示板』が設置しております。そちらをご利用下さい。
コメントを書いていただいた皆様には、ご訪問をさせていただきます。
コメントを残すかどうかは、すいませんが独断と偏見で決めさせていただきます。


Posted by alexey_calvanov at 22:32│Comments(16)TrackBack(0) 真面目なモノ 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
雅さん>初めまして。遅くなりまして申しわけありませんでした。
色々このコメントを返答するのに悩んだものでして・・・。どう書けばいいのかなという悩みで。

もうすぐ10年にならんとしている姐さんとのあの日々は、今の私のブログを書く時に生かされているのか、また彼女がもし今このブログを見ていたとしたら、どう言うんだろうかなと。

ただ、今も昔も、ライブドアに移ってからも辺境の辺境でひっそりとやってるだけなんですけど、誰かが見てくれていると思いながらやってはいます。だから今でも続いているんだと思います。心は何度も折れそうになりましたけどね(苦笑)。

>>姐さんの温かい言葉一つ一つに救われていました。
今振り返れるだけの言葉を読んでも、結構親身になって答えてくれたなと思っております。今、私がここまでできるのかと思うと、本当に頭が下がります。

>>お中元のようなやり取りもなく、辺境でも
>>自分の記事を残せることが気持ちの中心でいいのですから。
>>ある意味好き放題にかつ中庸を心がけながらも
>>気楽に綴っています。
それが彼女も言いたかったことなのだと思いますね。気楽にやればいいのよ。自分のペースでやりなさいと。時々そのような主旨のことを話していたかなと思うのですが、いかがでしょう。
もし、差し支えなければ覗きに行こうかと思いますが、ツイッターとかなんですかねぇ(汗)?個人的にSNSは好きではないので・・・。

>>今まで書き続けていてくださっていて感謝します。
いやはや、何のこっちゃというよりも、そんなに感謝されるようなことやってないんですけどねぇと(ニヤニヤ)。
Posted by アレックス at 2014年10月18日 01:11
はじめまして
いきなりすみません。
検索ワード「若返り必死の日々」の過去の記事がどこかに残っていないかを探していて、貴ブログにたどり着きました。
過去は私もDUOで書いていました。
あの当時色々この件には悩んでいましたが
ALBA姐さんの温かい言葉一つ一つに救われていました。


「折衷案はね、いずれ無理が出るよ。」
と、姐さんに言われた通り 姐さんのブログにコメント後すぐ
クロスチャットコメント派であるブロガーに散々と中傷され
あのブログサービスを去り、現在に至ります。

今は自由です。

お中元のようなやり取りもなく、辺境でも
自分の記事を残せることが気持ちの中心でいいのですから。
ある意味好き放題にかつ中庸を心がけながらも
気楽に綴っています。

ALBA姐さんの言葉、私が知らなかった言葉を
今知れてとても嬉しい。
アレックスさんのお名前は姐さんのコメントや
ブログを拝見して当時から存じ上げていましたが、
今まで書き続けていてくださっていて感謝します。

まあ個人主導がブログの本質なのでいきなり
他人の私に感謝されてもなんのこっちゃでしょうが、
姐さんの血脈が途絶えてなかった事を喜んでいます。

Posted by 雅 at 2014年10月16日 09:52
姐さん>コメントを返す返さない・・・。根本的な問題なのは間違いないですね。いろいろなサイト回って感じるのは、
自ブログ派:きちんとコメントを返す方法。
クロスコメント派(小分けできるのかは不明)
自ブログ・クロス複合体
自ブログ派:ラジオ的(気になったものを『採用して』返す)方法。
と分かれるようで。
上に行けば行くほど、きちんと感が強くなっていってますかと。
でも、私が思うに、最初は持ちつ持たれつ。その後(特にお気に入りに入れてから)は姐さんの言うとおり、(皆で)回しあうというふうでしょうかと。
お願いのために使う・・・。そう言われればそうですし、今回のように意見を募りたい場合、確かにお願いします言ってるわ(苦笑)。
最近アクセス数気にしていたから、目からうろこです。そうだよなぁと。意識改革はなかなか難しいですが、やってみようかと。
あと、すいません。お願いついでに。
空白の1日についての意見(『空白の1日(@9/25)についてどうするか』参照)を是非いただきたいと思います。
よろしくお願い致します。
Posted by アレックス at 2005年09月28日 15:07
>他の方がポイント貢献の事で頭を痛めているようです。やはり、お義理的なことを考えるみたいです。
これはなぁ。案外根深いんだよ。根本的な考えの違いだから、なかなか伝わりにくい。
クロスコメントは1対1の持ちつ持たれつ。
自ブログコメントは、1対多数の持ちつ持たれつ。
あげるあげない返す返さないじゃなくて、「皆でまわし合う」という感じかな。当然、クロスコメント派みたいには意識してないわな。
>私の口(コメント)からは『お願いします』的なことは言わないようにしていますけど、書き方によってはそう見られるのかも。この場を借りて、申し訳ないと一言申し上げたい。
へ?
いやいや、全然気にしてねぇよ。
つーかさ、そういう風に使って何が悪ぃの?と思う。うちのブログって、多分だけど、ユニークアクセス数(○○回ではなく○○人)はDUOでもかなりトップの方っしょ。
(ノ∀`) 何でかは良く分からんが、それはまぁこの際無視するとして、、
記事を書き、それが公益になるんであれば、皆に知らせればいい。公益になる記事ってのはね、単純にコメントが欲しいとかアクセス数欲しいってだけじゃ書けないよ。リスクも背負うんだから(中立でなければ批判される)。それを推して書いた記事なんだ、より多くの人が見てる場所で存分に知らせればいい。誰も困ってないだろ。
それもまた、私のブログの役目だ。だから伝言板を設置してる。あれは決して雑談目当てではないよ。
気にすんな。
( ´Д`)σ)Д`) 分かった?
Posted by ALBA at 2005年09月28日 02:44
a.s.hさん>ありがとうございます。
こんなこと書いてる自分は何者じゃあ~と己に憤っている罠(爆)。
いつ頃書きました?午前3時以降のコメントが残ってないみたいです。はい。
・・・ただ単に書き込みがない可能性もあるが(笑)。
Posted by アレックス at 2005年09月26日 12:21
アンさんさん>時間帯にもよりますが、この記事upできてないのかしら・・・と気になって何回もあげてしまう。まずはこのケースが一番考えられるでしょうね。おっしゃられるように、意図的なものであれば、断固として抗議したいと思います。
・・・見抜くのは難しいですが。
Posted by アレックス at 2005年09月26日 12:15
アレックスさん、アドバイス感謝します
アレックスさんをはじめ、色々な自BLOGコメント派の方々のを参考にして、うまくお知らせしようと思います。
本当はメンテ前にしてたのですが…激しく重い時で、消えてたみたいなので(笑)またお邪魔しました
Posted by a.s.h at 2005年09月26日 09:51
編集してあがるのはしょうがないと考えているのですが、小説書いているような人たちに多い5個連続唐揚げは迷惑行為ということですね、1度だけでなく何回もやるのはさすがにね。
まぁコメントやトラックバックで注意する気はないですが。
アクセス数や人気ポイントは別に気にしてないなぁ
最近は40もあれば多いなぁと思うぐらいだし。
Posted by アンさん at 2005年09月25日 02:51
姐さん>トラバありがとうございます。
こう言われると、照れますねぇ。
ベースはコメントで残していたので、あんまりいじくらずに単純な追記のみにしました。他の方のコメントも参考にしてはいますね。
他の方がポイント貢献の事で頭を痛めているようです。やはり、お義理的なことを考えるみたいです。
ちょっとここで書きますがいいですか?
コメント及び人気ポイントは正直アクセス数同様、のどから手が出るほど欲しいです。でも無理強いとかはしたくないですね。私の口(コメント)からは『お願いします』的なことは言わないようにしていますけど、書き方によってはそう見られるのかも。この場を借りて、申し訳ないと一言申し上げたい。
さて、関係のないことを。
姐さんのコメントが丁度1234件目でした。
・・・『ブログウォーズ 新たなる嫌がらせ』ですか(ギャハハ)?やりやがったな!ダー●ベ●ダー<おまえの『乳』・・・じゃなかった『父』になるんだぞ、ルー●
Posted by アレックス at 2005年09月25日 00:45
イノウエホノカさん>はじめまして。
私も長いほうなので(爆)。
まず、今回の収穫は『クロス派は自ブログ派のところでコメントを書くのにためらいがある』
確かにそうですね。自分のところには書きませんからねぇ。・・・コメント残しましたと書くべきか?ただ、掲示板的な所のないサイトだと、やっぱり文中のとおり躊躇するわけです。悩みどころです。
・・・とりあえず、面白そうな記事にコメントを残して、そのついでといっては何ですがそこでお知らせを残そうかと。それなら私も良くやってるし。
初めての方はそのあたりかなり悩むと思います。
暗中模索の中、いろいろなサイトで研究して決めるのが一番いいのかと。私の場合は自然となっていったのと、webでの経験が生きてきていますね。webやってる人は自然と掲示板でコメントを返すというのが身についていますので、自然と自ブログ派になっていくわけです。
まぁ、私の言ってるのも『理想論』に近いですからね・・・。頑張ってやっていきたいと思います。
これに懲りずにまた来てちょんまげ<そうふざけてるから(以下略)
Posted by アレックス at 2005年09月25日 00:31
アンさんさん>記事数に対してのコメント数が少ないのならば、気にはなりませんね。どちらでもいいですよ、と大らかにもなれますし。
コメントは気になった場合に返す・・・いわゆるラジオ的な返し方ですね?コメントを返した場合、いわゆる『採用』的な扱いですか?
これの利点は取捨選択にできて、やりやすい。
欠点はコメントを書いている側のモチベーションを下げる。書いても読まれてないんかな、という疑心暗鬼を人によっては生みかねないということですか。
対策としては、ひとこと『全ての人にはお返しできません。申し訳ない』という旨を入れないと、あとで(人によっては)トラブりかねませんね。あと、アクセス数が異常に落ちかねない・・・。申し訳ないですが、推測です。
人のことをとやかく言う権利はないですね(嘆)。
空揚げ・・・耳が痛い。
前も書いたかと思うのですが、どうしてもケータイ→PCという編集方法を取っている関係上、そう見られてもおかしくないわけで。
DUOBLOGカテゴリーを消さずに編集しているのは、同じような記事を書く時に、どのカテゴリーで放り込んでいるのかを調べるために残してあるわけです。・・・言い訳だと言われれば、それまでですが。
Posted by アレックス at 2005年09月25日 00:04
a.s.hさん>まず、長文失礼します。
ネットには長けてませんか(爆)。
・・・そう言われると思って、『(可能性が高い)』と書いてあるんですよ(ゲラゲラゲラ)。
うちのサイトはそうコメントが集まるわけではないので<自虐的
そこまで気にはならなかった(逆に言うと自然と自ブログ派のコメントしか集まらなかった)わけですね。
来訪者の形に合わせるととめどがなくなる・・・というのがトラバ元になる『若返り必死の日々』でも挙がっています。トラバされているので、覗きに行って下さいな。同じ福岡の人ですから<そこはポイントなのか!?
やはり、今回を期に「うちは自ブログコメントです」というのを打ち出して、掲示板(これは今やってましたね?)でクロス対策・・・というのが一番いいかと。逆に一番いかんのは邪険にすることです。
私が例えでよく使う『ヤマアラシのジレンマ』的にやるのがいいのかと・・・。
ああ、またエ●ァン●リオンの受け売りか・・・。
Posted by アレックス at 2005年09月24日 23:42
( ´∀`)ノ トラバさんきゅー♪
レストラバしといた。
ヲマエに気ぃ使ってもしょうがないのですげぇ短文で悪いが、
超 激 同 !!
的を得た記事だと思うわ。
m9っ∀`) グッジョーブ♪
こうやって連携して記事について議論し合えるのが自ブログコメントの良さ。クロスコメントも素晴らしい点はたくさんあるが、かたくなにならず、違う方法の「良さ」についても考えてくれるといいなぁ。「悪さ」にばかりこだわってたらつまんないしねー。
Posted by ALBA at 2005年09月24日 17:55
アレックスさん。はじめまして。
ALBAさんの記事からやって来ました。
携帯でブログをはじめて1ヶ月ちょっとの新参ものです。自分のブログではクロスコメントをしています。
実は自ブログ内でコメントを返しておられる方のブログは伺いにくいと感じていました。コメントしたお返事を見る為にまたそちらへ出向かねばならずたくさんのコメントをかきわけてお返事を探さなければならないからです。クロスコメントは自分のブログにお返事が来ますので分かり易くまた相手に訪問することで相手のコメント数にも貢献できると考えておりました。私の中ではそれが当たり前になってしまいました。クロスコメント派は自分のブログに相手が訪問してくれてお返事してくれるのがうれしいのだと思います。ただALBAさんやアレックスさんがおっしゃられているように本来のブログのコメント欄はその記事に対する物で記事以外のことを書かれても戸惑うというのもとても良くわかります。私の場合も相手のブログで興味のある記事を探し、その感想を書いてからお返事を書くという風にしています。どちらが良くてどちらがダメというのでなくアレックスさんやALBAさんのように両者が上手く共存できることが得策と考えてます。自ブログ派の方は自ブログ派です、とさりげなく提示してくださる(そういうブログもあります)クロス派は自ブログの方のブログへ行ったらルールへ従うというような。はじめたばかりで自分のブログの方向性も決めかねているですので今回のことは大変参考になりました。ありがとうございました。
アレックスさんの興味のある記事がなければコメントしない(できない)というのも、本来でしたら当たり前ですよね。それをこうして明言されるというのもとても親切な方だと思います。色々お勉強になりました。来る物拒まず去る物追わずというのもとても素敵です。長くなり申し訳ありません。お許しください
Posted by イノウエホノカ at 2005年09月24日 10:57
自分の所でクロスになる分には構わないかなと、そもそも一つの記事に何人もコメントつく事が少ないから気にならいし。
気になった記事があったコメントしか最近はしてませんね。
私はどちらかと言えば多重空揚げがいやなので。直接その人にいいはしませんが、余りにもひどいとルール提唱記事が上がります(笑)
Posted by アンさん at 2005年09月24日 04:44
こんばんは。昨日、他のブログにも似たようなコメントしたのですが...私は基本的に自ブログ派です。
web上に自分の掲示板があり、なおかつPCと携帯併用です。ネットには長けてません(爆)
ですが、ここまでクロスが主流だと(苦笑)。今では来訪者の方のコメント方法に合わせてるカタチなので、まとまりのない状態です。
きちんと徹底したらいいんでしょうけど。。。
Posted by a.s.h at 2005年09月24日 00:05

コメントする

名前
 
  絵文字