2005年08月09日

解散

(おことわり:かなり長いので、拒絶反応が出たら、即刻退場されることを強く願います)
昨日(8/8)、参議院本会議で郵政民営化法案が否決、それに伴い、衆議院を即日解散・・・となったわけですが。


まず納得いかないのは、なぜ参議院で否決されたら、衆議院を解散させるのか?両院評議会を開くなり、衆議院の優越を利用して、2/3の賛成を(ダメでもいいから)取るように努めて、否決されたら解散・・・というふうなら曲がりなりにも納得できるだろうし、多少は煮込めると思うのですが。


で、今回の主力争点になるだろう『郵政民営化』ですが
個人的には賛成でも反対でもありません。どちらに転んでも、メリット・デメリットが大きいからです。


メリット
・民営化されることで、都会の多すぎる郵便局を淘汰できる。(≒サービス競争の活発化)

・貯蓄(確か利回りだったかと)が民間に流れやすくなり、経済の活性化に繋がる

・郵便または宅配料金が安くなる。(≒サービス競争の活発化)

・自由に営業時間が設定できる。


などなど

(訂正:『郵便局員という「公務員」が削減され、その分、国家予算が浮く。』をメリットであげたが、現在の郵政公社は独立採算を取っているため、国から給与は出されておらず、公社内から出されているという指摘があったため、メリットより削除します)


デメリット
・地方の郵便局網が淘汰され、郵便局網が崩壊する恐れがある

・貯蓄が外国資本の食い物にされる恐れがある

・「民間会社」になることで、「国営」(注:現在は公社(総務省の直属ではない)だが)という信頼感と安心感がなくなり、貯蓄等の大量流失が起こる可能性がある。

・郵便または宅配料金が高くなる。(郵便局網維持の名目で地方行きのものが)

・「巨大民間企業」(郵便・貯蓄・宅配・保険の合弁企業)が誕生するため、不平等な下での競争が発生する。


などなど


特に怖いのが郵便局網の崩壊。明治時代に苦労して築いていたネットワークが『合理化』の名目で消えるのは忍びないと思います。
逆に民営化で浮いたり『税金として』徴収したお金で、微々たる物ですが、社会福祉(特に年金や介護、少子化対策)にまわしたり、国債の返済、重要プロジェクトの資金(整備新幹線など)にできるわけです。


次に、今回の自民党議員の対応。

棄権した人もそれなりの信念があると思うのですが、社会通念上マズいですわね。無記名じゃないぶん。

意地が悪いのは、反対派の人間にも賛成派の人間にも言えまして、


まず反対派。


反対しても自民党の議員ですって。意地悪すぎ!アホか!
そんなもん、うがった目で見れば、「自民党という『カンバン』がないとお話になりませんから」って言ってるようなもんですよ!●●聖子議員!
いっそのこと「新自由民主党」とか「本家自由民主党」という名前の新党作ればそれなりについて来てくれるんじゃないの?そのほうがすっきりしてわかりやすいかと。まぁ、得票数が伸びるかどうかは別にして(爆)。


そして賛成派。


小泉さん、衆議院で賛成派として戦った議員になんてお詫びするんですか?
全候補者に遊説ついて行きます・・・で済めばいいけど。
でも、今回の騒動で、賛成派にも風当たりが強くなることは確か。
コリャきっちりとした信念掲げないと消されるな。


・・・でも、私は参政権を持ってから、自民には1票も入れたことがありません。

汚職議員の塊。とリクルート事件で痛感してますからねぇ。まだ小学生の頃のガキに思われちゃったらおしまいだよ。


最後に、支持政党のない方(あってもそうだけど)は、
①とにかく、選挙公報と政見放送はよく見ること。
②遊説が聞けたら聞いてみること。
③新聞・ニュースは1つだけではなく、いくつか見ること。

(NHK嫌いの人でもNHKは特に見ておくとよい。新聞社に縛られていないのである意味公正。わかりやすい)
④投票日には白票でもいいから投じるようにすること。(ホントは誰かに入れることが一番いいのだが、いい加減な気持ちでの一票が一番怖いので)
なお、当日都合が悪いのなら不在者投票というのもある。
(しかしながら)遊びに行く理由で不在者を選ぶのは不謹慎極まりないのだが、きちんと一票を投じたいということならいいかなと。


なお、今回の投票日は9/11。・・・テロ解散だな(爆)。


ご清聴ありがとうございました。

(他の)サイトのコメントなどにも書いてますが、
今回の選挙の争点は郵政民営化以外にも
・憲法9条(改憲問題)
・対アジア外交(特に中国・韓国・北朝鮮)
・年金問題(大きいのは年金一元化)
・少子化問題(≒外国人労働者の受け入れ・定年延長なども複雑に絡み合う)
・景気(景気の地域差を埋めるのはやはり『減税』や『ハコ物』なのかという議論)

と大きいのだけでもごろごろと。
郵政ばっかにとらわれて、大局を見ないと、将来に禍根を残しかねない選挙になりそうな予感。
今回の投票は(政治家の理念、行動、態度が気に入る・気に入らない問わず)必ず行ったほうがいいです。ホントに私らの将来を左右しかねませんよ。脅しではなく。

Posted by alexey_calvanov at 14:16│Comments(16)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す | 真面目なモノ

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
トマト色さん>個人的な意見で申し訳ないのですが。これだけは言いたい。
・・・実は、私自身、小泉政権には、発足当時からいい目で見ていませんでして。
当時からよく言われてましたけど、『森政権のカーボンコピー』と今でも思ってますから。
あの超低空飛行な支持率と問題発言。忘れたとは言わせません。と言いたくなる。
発足当時、某元外相とダッグ組んで異常に支持率が高く、元外相解任後も、期待感かリップパフォーマンスが上手いからか、ルックスがいいからか知らないけど、低空飛行にはならなかったですよねぇ。
でも、その間にやってたことは、・・・森政権がやりたかったことを忠実に実行してるんでは?と疑問符がつきかねません。
言ってることとやってることがものすごくよく似てますけど。おまけに策士なのでたちが悪い。
しまいには、森さんに『缶ビール事件』(『師匠』にあたる森さんに対し、外国産缶ビールとおつまみでおもてなしした事件)で三行半みたくしてるし。
・・・長文と私見ですいません。
Posted by アレックス at 2005年08月11日 13:37
こんばんわー。ここでの議論を見て改めて思うんだけどこんなに分かりやすく政治に対立軸を作って普通の国民に熱く語らせてる小泉さんて好き嫌いは別にして凄いなあ。いままでの政治家、首相はわざとだろ、ってぐらいあいまいなことしかいわなかったでしょ。今のぬるま湯の日本に必要なのは正しい事をする政治家ではなくて、ただ国民を政治に関心付ける事のできる政治家でいいんじゃない?最後に、どこかで読んだセリフ、「アメリカ大統領ケネディは殺されるぐらい憎まれたが、殺されて国中が涙した。日本の政治家はそんなことはない、ただバカにされるだけだ。」小泉さんが暗殺されないことを祈ってます。
Posted by トマト色 at 2005年08月11日 03:59
如月 紫さん>私も斜め読み(国際欄と4コマくらいしか真剣に読まない)です(笑)。
争点は確かに郵政だけではありません。郵政だけに目をとらわれると、大きな禍根を残すのでは、というのはいろいろなところで書いているとおり。
最近、本格的に踊り場から脱却し、回復基調にあるとか言ってますが、実際のところ、雇用の不均等はまだあるかと。
例に取ると、幸い(?)東海地区は有効求人倍率が1倍以上なのでいいのですが、特に北海道や沖縄ではいまだに同倍率が0.5倍いくかいかないかのレベル(最近は違うかもしれない)だそうだ。
今回の解散には納得はいかないですね。なんで、衆議院なの?参議院は解散できないの悪用してないかとか思ったり。
また郵政が参議院で否決されても、2/3取れるように今回の選挙打ってるんじゃないかとも邪推もできますが、それでダメならまた選挙・・・なんて考えてるんじゃないかとさらに邪推。血税を何だと思ってるんですか!小 泉 さ ん<考えすぎ。
Posted by アレックス at 2005年08月10日 15:14
NEO!さん>郵便なんて最近送ってないなぁ(苦笑)。
日本に「暑中見舞い」・「年賀状」という『風習』が残っている限り、不滅かと。
・・・それがなくなればオシマイですな。
・・・年賀状とかの『風習』は面倒くさいので嫌です<このエセ日本人!風情のないやつ!
Posted by アレックス at 2005年08月10日 14:54
ちゅうりつろんじゃさん>3コメントに関するレスです。
郵便事業の赤字が他の3事業でないと補えないのなら、超巨大な「民間企業」でも正直構わないと思います。気に入らなければ、地域毎に「分割」すればいいのですから(現に根幹さえしっかりしていれば、通信事業社のようにきちんとやっていけるのではと)。
逆に条件として、現民間企業(ヤマトや西濃など)にも郵便事業を認めていく・・・。
『大きい物には大きい物で』では根本的な解決にはなりませんが、そこから淘汰されれば、意味があるのではと。
「にんしょうし」、資格試験にできないものなんですかねぇ(もうしてたらすいません)?
Posted by アレックス at 2005年08月10日 14:49
コンバンワ政治は時々新聞の政治欄を斜め読みする程度しか知識の無い一主婦の意見…というか感想です。まず、郵政民営化については、内容云々以前に、優先順位が違うのでは、と思います。年金、福祉、教育、環境等…。景気だって、回復傾向にあるとはとても思えない。もっと広い視野で国民全体に目を向けて欲しい。生活水準の二極化は、実際に有るのですから、見ない振りはしないで欲しい。ということ。次に、今回の解散のやり方は、幼児がだだこねるのと変わらないような、気に入らないからや~めた的なものとしか思えない。仮にも国の、国民の代表である人が、個人の理念だけを独りよがりに貫く、というのはどう考えても納得出来ないです。極端な言い方をすれば、独裁者的なのではないかなぁ、と。
なんだか抽象的になってしまってスミマセン。
Posted by 如月 紫 at 2005年08月10日 00:04
アレックスさん!
読みました!
(お疲れ様&ご苦労様です)
ちと話が飛躍?脱線するかも知れませんが…みなさんに聞いてみたくて…(特に意味は有りません)
10年、20年、いや30年先、ヲレ等がジジイになる頃、葉書や手紙って使うかなあ?(苦笑)
Posted by NEO! at 2005年08月09日 20:11
反対派の質問で、四分社化されると、赤字の郵便サービス事業は維持できないのでは?
との質問に、代理店契約など民間の様々なサービスに参入して、そのときの経営判断で事業を行うことになるのと、基金を2兆円用意して、地方もユニバーサルサービスを維持すると言ってました。しかしながら、赤字を税金でうめるなら骨抜きな法案だといってました。
ちなみに、公社のまま他の民間サービスに参入することには、イコールフッティング(民間と対等な競争)でないと反対しています。
あとは、民営化したら、海外の物流事業にも進出して、約200億の利益をあげようとも考えているいるみたいです。しかしながら、ほぼ均衡状況の市場に、そんなに利益をあげられるのかと疑問を反対している野党や元自民党議員はもっていたみたいです。
Posted by ちゅうりつろんじゃ at 2005年08月09日 18:00
特別送達は裁判の根幹に関わるから大切なんで、民営化しても、確か、にんしょうしと呼ばれる国家資格をもった方が配達することになるように、この法案では作成されているみたいです。にんしょうしは、責任などでは国家公務員と同じ扱いになるので、賠償は国が行います。だから、郵政が民営化してもとりあえず、すぐに問題がでてくるとは考えにくいですが、郵政以外の組織はネットワークの点からどうなる私にはかわかりません。
ただ、一日何万通と配達されるので、にんしょうしの人数が足りた状態を維持できるかは私にはわかりません。
Posted by ちゅうりつろんじゃ at 2005年08月09日 17:37
今は郵便サービスの赤字を郵貯や簡保サービスの黒字でおぎなっているのが現状です。
しかしながら、今後郵便の量が減っていくために、全体的に黒字である今のうちに民営化して独自のサービスを始めて、今後も採算がとれるようにとの主旨で民営化を生田総裁は望んでいるようです。
また、政府は郵貯・簡保の莫大な資金を国が運営すると、国債などの安全資産とよばれているものにしか投資できないので、民営化して民間の成長分野に運用できるようにしたいと考えているようです。
あとは、財政等融資の入り口の部分である郵貯・簡保を民営化して金の入りをとめようと考えていたみたいです。出口は平成13年の改革で終っているので、おそらく政府自身がしっかりしてれば問題おきないはずなんですが、その自信がないのかわからないですが、入口も改革しようということみたいです。
これらを4つの株式会社にして、それぞれ独立して経営しようとしているのがこの法案にあらわされています。
Posted by ちゅうりつろんじゃ at 2005年08月09日 17:24
ちゅうりつろんじゃさん>通信事業と同じく、公共性という理由で『裁判所からくる書類(たしか特別送達)は責任を持ち、無償で届けなければならない』という文言を設けるかすればいいのかと。最悪憲法の「公共の福祉」で縛るとか・・・。極論か?
Posted by アレックス at 2005年08月09日 17:12
チワチーズさん>郵便事業の規制が緩和されれば、そんな話も夢ではないかもしれないですね。
特に年賀状や暑中見舞い。
100枚買ったら10枚分値引きとか、書き損じの交換料免除とか。お中元(またはお歳暮)の配送と同時なら、配送料金○○枚毎に××%OFFとか・・・。
Posted by アレックス at 2005年08月09日 17:06
ちゅうりつろんじゃさん>公社は独立採算の会社ということですか?ちょっと訂正考えます・・・。
民営化すると郵便局はプラスマイナス0なわけですか?(若干のプラスかマイナスがあるのかもしれないが)
ニュース見ている割には、こういう所はいい加減にしか見てない(元々どマイナーな国際情勢のほうが好きな人間性もあり)。
民営化すると、地方(田舎)の郵便局は消える運命・・・ちと悲しいものです。
個人的にはこうしたらというのもあるんですが、また後日になるかも。
議事録は新聞で要約や全文が載ってるアレですか?
もしそれなら、これまたヒマにならない限り読まない(苦笑)。
Posted by アレックス at 2005年08月09日 16:55
チワチーズさんに聞きたいのですが、郵便局がなくなると、裁判所からの書類は誰が運ぶのですか?裁判所からくる書類(たしか特別送達)は一日何万通とあり、もしそれがなんらかの手違いで送達されない場合は、損害賠償になり、ひとつの会社が簡単に潰れるほどの額を負う可能性があるんですね。それで潰れたら、それ以降の特別送達はどうしますか?
一応、今回の法案ではみなし公務員としての国会資格をつくり、問題がおきたときは国が国家賠償としてかたがわりするばずになってたと思いますが、郵便局をなくすとしても、全国にネットワークがある会社でないと支障がでてくるんではないですか?
Posted by ちゅうりつろんじゃ at 2005年08月09日 16:35
いゃ~熱いですねみなさん。私は賛成派ですが、そもそも郵便局は必要でしょうか?他にも選択肢は沢山あると思うのですが。私は郵便局を使わない派(気持ちを込めた手紙以外)なので、時代についていくならば、制限のある国営よりも、自由な発想のできる民営化にした方がいいように思います。細かいシステムなんて悠長にいってられない時代が来てるし、完全民営化される2017年は色々な意味で想像もつかない事になっているかも知れませんから。私は31歳ですが、すでに時代にはついていけてません。(恥) 
長くなりましたが、私は過去や現在よりも、未来に何を伝えて、何を残してゆけばいいのか、そんな事ばかり考えている次第でございます。最後に選挙に行きましょうね、みんなで。
Posted by チワチーズ at 2005年08月09日 16:07
選挙に間しての考え方はすばらしいと思いました。
ひとつ、提言ですが、今の郵政公社は税金は使われていません。だから公務員の給料も公社の経営の中で支払われています。だから、民営化で税金が使われなくなるというのは間違っています。これは賛成派の方々の多くが間違っている解釈です。
そのかわり、民営化で郵便局が法人税などを支払うことになり、税収は増えます。この点では政府としたら、どうにかして税収を増やしたいわけだから満足だと思います。
その一方で、2万以上ある郵便局の建物に税金がかかるわけですから、莫大な税金をはらわないといけなくなります。そうなると、今は郵便局を維持するといっても過疎地では経営が維持できず、廃止することになります。
勘違いしてはいけないのは、政府は答弁で郵便局を残すといっているだけで、法的な根拠はありません。だから、廃止は実は自由なんです。
反対派の中にはこの点で、せめて過疎地には残すことを法案に明記してほしいといってました。そのためにも過疎地とはどういう条件の町なのかを明記するべきだとも。
しかしながら、政府は耳を傾けなかった。
一度、議事録を全部読んでみたら、反対派の言い分もわかってくると思います。
この法律で十分かどうかの賛否が、首相のパフォーマンスで郵政民営化が賛成か反対か、構造改革に賛成か反対かにすりかえられてしまっているんです。
本当に、みなさん、議事録を読んでみてください。この法案の賛否はそれから判断しても遅くないと私は思っています。
Posted by ちゅうりつろんじゃ at 2005年08月09日 14:47

コメントする

名前
 
  絵文字