2011年08月20日

土産代りに買ってきたDVDを見ようっと

千葉ロッテマリーンズ 20年史 [DVD]先日の休みの間、以前2011 マツダオールスターゲームに行った際、お土産代りに買ってきたDVDを見ようと思い引っ張り出すことに。
それが、「千葉ロッテマリーンズ 20年史」
これは、千葉ロッテマリーンズがロッテオリオンズとして活動してた1991年末、つまり『川崎劇場』と言われていた川崎球場からの移転から、2010年の3位から日本一に駆け上った、いわゆる『史上最大の下剋上』までの20年間を網羅したファンソフト的なもの。もちろん野球好きにも楽しめる作品です。



ロッテファンなら一度は泣き笑うようなシーンが随所に盛り込まれ、千葉に移転しても苦節を重ねたロッテの選手達のいきいきとした姿が今日によみがえります。

個人的に印象的だったのが、先日亡くなられた伊良部さんの映像
西武球場(現:西武ドーム)での清原さんとの対決や千葉マリンスタジアム(現:QVCマリンフィールド)での活躍、そしてコテンパンにやられた際に発した、故大澤さんの「伊良部クラゲにやられた」の名言など、伊良部さんのロッテ時代の全盛期を垣間見た時は、惜しい人を亡くしたんだなとつくづく思いました。

状況説明や当時の選手の詳細がない、あとは個人的にロッテのターニングポイントになる「悪夢の18連敗」の経緯が語られていないなど、少々不親切な部分はあるものの、千葉移転後のロッテを知るには十分な資料になります。


ファンの方は買っているでしょうけど、野球好きな人も一度見てほしいものです。
あ、ロッテの応援スタイルの変化も見ものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:51│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字