2012年02月02日

レコゲー2012 2月 据え置き機編②

レコゲー2回目は、PS3・X様・Wiiそれぞれ単独で発売されるソフトの紹介ですが、X様はあまりないし、Wiiに関しては壊滅的(苦笑)。それゆえに残ったのがPS3というある意味燦々とした有様・・・


そんな中気を吐いているPS3の注目作は、グランツーリスモ5 Spec Ⅱ。今月のコンシューマー(据え置き機)の中では1・2を争う注目作です。
2010年に発売した同作品のバージョンアップ版です。様々なバージョンアップがあるのですが、主な特徴は24時間耐久レースモードの追加、天候変化をユーザー自身でコントロール可能、複数のマシンセッティングが可能などといったものがあります。
お買い得にもなったので、今までこのシリーズに触れていない人やこれからPS3を買おうと思った人には、まずこの作品を薦めることになるでしょう。


それ以外の作品は以下の通り。

ザ ハウス オブ ザ デッド:オーバーキル ディレクターズカット
2009年にWiiで発売された同作品の移植版。ただし、単純移植ではなく、ステージや演出面で追加要素があり、CEROのレーティングもZ指定になっています。またPlayStation Moveにも対応しています。
過激な演出などが欲しい人や体感ゲームとして楽しみたい方にはオススメ。

ぎゃる☆がん
昨年1月にX様で発売されたガンシューティング型のシューティングゲーム。そう書いているのは、ガンシューティングではなく、女の子をメロメロに『落とす』のがガンシューティングのそれとよく似ているのでそう書いているわけで。2010年のゲームショウでは一部のユーザーに大きな話題をかっさらいました。
PS3に移植される際、PlayStation Moveに対応した他、ルートを選択して進み、時間内に女の子を全員昇天させる「ドキドキカーニバル」やオンラインランキングに対応した「スコアアタック」などが追加されました


まさかこんなに少ないとは思わなんだ。とある作品が延期になってるんですよねぇ(苦笑)。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:29│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字