2012年02月05日

レコゲー2012 2月 携帯ゲーム機編①

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
据え置き機とは違い、携帯ゲーム機は活況そのもの。DSを除く各ハードが注目作を数多く出しています。
そんな中、今回はPS Vitaの注目作を紹介。


今月PS Vitaの最注目作は、ラグナロク オデッセイ」(★)
「グランディア」を製作したゲームアーツが開発に関わったラグナロクシリーズの最新作。
人々から隔絶された大地が、ある時の地殻変動がきっかけで探索可能に。神々の遺跡と共に現れたのは巨人族。必死の攻撃で追い返すことはできたものの、以後巨人族の監視のために『盾』と呼ばれる巨大要塞が崩落地にできた・・・というふう。それ以降の話を描いていくのが本編になります。
職業は6種類の中から選ぶことができ、敵に多彩なアクションで挑んでいきます。
システムとしては、クエスト型のRPG。ゲームではカードが重要になっており、これからスキルを得ることができたり、プレイスタイルを確立することができたりします。
またアドホックモードを利用してマルチプレイが可能になっているので、敵に苦戦している時には共同戦線を張って倒すこともできますね。

続いてはNINJA GAIDEN Σ PLUS」(★)
2007年に発売された同作のPS Vitaへの強化移植版。
変更点としてはイージーモードとも言えるヒーローモードの搭載これはハヤブサの体力が少なくなった時にはオートガードや回避が発動し、忍術も打ち放題になるというもの。アクションに慣れていない人にも楽しめる仕様になっています。
またPS Vitaに移植されたことで、タッチパネルや背面タッチパネルを利用したアクションも可能になっています(タッチパネルでは弓を射るアクションが取れたり、背面タッチパネルでは忍術を強化できたりなど)。
これ以外では新ミッションが追加されるなど、これまで楽しんだ人達にもまた楽しめる作品になっています。

最後はリトルバスターズ! Converted Edition
2007年に発売、2008年に18禁版が発売、そして2009年にコンシューマー(PS2)で発売された同作品がPS Vitaに移植されることが決まりました。ベースは2010年に移植されたPSP版になるものと思われ。
PS Vita移植の際には、全ての操作をタッチパネルで行うことも可能になり、PC版よりも1.4倍イラストが増えています。
さらに、これまで声のみの出演だった女性寮長(あーちゃん先輩)がビジュアルで登場することになり、しかも冬服の姿も拝めるとのこと。貴重なシーンになるかもしれないので、声のみの出演でも萌えた人は買っておけ(ニヤニヤ)。


次回はPSPの作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:10│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字