2013年05月03日

レコゲー2013 5月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
ゴールデンウィークのような大型連休を挟む月は、携帯ゲーム機にとっては書き入れ時の一つ。民族大移動のごとく日本中をあちこち移動するばかりか、海外に行く人達もいるので、そのお供に・・・というふうで携帯ゲーム機を持って行く人が多いわけです。
ただ、ラインナップはその大型連休を挟むことになったので少なめ。新作も少なめだと思います。


今回は3DSとPSP数本のみですね。一気に紹介していきましょう。


3DSは真・女神転生Ⅳ」(★)
女神転生シリーズ10年ぶりの新作になります(その間にもペルソナシリーズといった女神転生シリーズから派生したシリーズが発売されている)。
東のミカドの国に住む主人公がサムライになるべく儀式を受けに行ったことがきっかけで、神と悪魔が繰り広げる壮大な争いに巻き込まれるというものになっています。
おなじみの悪魔召喚システムはそのままに、様々なシステムが搭載されているのですが、難易度の高いとされるこの作品で画期的なのが難易度調整機能
全滅を繰り返すことでさらに簡単にプレイすることを選択することが可能になり、気軽に楽しみたい人にもオススメしやすくなります。この難易度調整はプレイ中に調整可能なので、歯応えを加えたくなればいつでも可能。仮に全滅をしても、所持金かゲームコインを手渡すことで全滅前の場所にまで巻き戻してくれるので、プレイしやすさは格段に向上しています。
またデジタルデビルサービスというすれちがい通信機能が搭載されているので、情報交換だけでなく悪魔を一緒に送れば、成長・悪魔合体して戻ってくることもあるそうです。

PSPはサモンナイト5」(★)
こちらも6年ぶりになるサモンナイトシリーズの最新作開発はフライト・プランの流れを組む新会社が行っているとのことだそうです。
3の世界を舞台に繰り広げられるもので、シミュレーションRPGとしては初めてになるアニメーションを立体的にできるシステムLive2Dが搭載されています。また戦闘シーンはフル3Dになっているとのことです。
これまでのシステムもよりブラッシュアップされており、楽しみやすくなっています。


携帯ゲーム機編 結論
据え置き機と違い、ラインナップは少なめ。注目作もそれに比例する感じで少ない。特にPS Vitaの注目作がないのは、売り上げに響きそうで、本体販売がまたさらに厳しくなるのかもしれない。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 18:13│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字