2013年09月03日

外国人が紹介するおにぎりの包み取りがエクセレントすぎる!

コンビニで販売しているおにぎり。各コンビニ会社種々様々な商品を展開すれど商品を包装している方式は、私の知っている限り1つのみ。昔は引っ張るだけの・・・なんて方式が主流でしたが、今は卵を割るかのような方式に変化しております。
しかしながら、この開け方は非常に難儀してしまう人もいらっしゃるかと。上手くいかないことがままあるんですよねぇ・・・。包みが上手く引っ張れずに海苔がビリっと破れたりとか。
それが外国人の場合なら余計でしょうねぇ。彼らは包みの海苔が破れれるだけならともかく、取り出し方さえ(日本語表記のゆえに)わからない人も多いかと思っています。
実際、そのおにぎりの包みを取ることに難儀している外国人が多くいるのか、「OK Wave」という「Yahoo!知恵袋」のような質問サイトにも寄せられるほどです。


その外国人の質問を回答したのが何と同じ外国人というのだから驚きです。
千葉に在住のオーストラリア出身の人が、おにぎりの包みを上手く取る方法を質問したところ、東京在住のドイツ出身の人が見事な回答を寄せています(いわく、ロケット科学ほどではないが難しいことらしい(笑))。
ともすれば、日本人が当たり前に思っていることでさえ、外国の方々にとっては非常に難儀することなんだなと改めて感じると共に、解説に写真も加えて丁寧に説明する外国人の説明力の高さに脱帽してしまいましたよ。そして、文中にある「海苔が湿っぽくなってぐしゃぐしゃになっておいしくなくなる」のは、「トマトの汁でサンドウィッチがべちゃべちゃになっておいしくなくなる」という感覚に似てるんだねぇ(ニヤニヤ)。サンドウィッチの件は何となくわかる(ニヤリ)。
しかし、図説で取り扱っているおにぎりが『さばみそ』というのがまた何とも言えないチョイスだねぇ(笑)。というより、『さばみそ』なんておにぎりあったんだ(ギャハ)。






人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字