2014年03月03日

ケンタッキーボンレスチキン&ケンタッキーフライドフィッシュ

ケンタッキーといえばチキンですけど、そのチキンと言えば、たいてい骨付きのものなわけですね。
ところが、敢えてケンタッキーは唐揚げを作ってみたり、今回のように骨なしやフィッシュフライを作ってみたりと、揚げ物への飽くなき挑戦を行ってきています。そのうち野菜とか揚げて天ぷら屋でも始めるのかいのぉ(笑)。


ISW11F_0410まずは、現在は発売終了となっている「骨なしケンタッキー」食べやすさを追求したオリジナルチキンとも言えます。今回の肉は柔らかい胸肉を使用しているとのこと。
頼んだ時は2パックだったのですが、小さかったとのことなので、厚意で1つおまけしてくれました。ラッキー(笑)。言っとくが、ゴネてないぞ(爆)。



味はというと、オリジナルチキンとオリジナルフレーバーがベースなので当然美味い。ただ、作り置きし過ぎたのか胸肉という部位の問題なのか、ちょっとパサっとしてるんですね。この部分がなかったら十分に商品継続可能なんですけどねぇ。骨があるのは少々面倒ですし。


ISW11F_0443もう一つは、「フライドフィッシュ」昨年秋提供されていたのですが、大人気のために早期終了してしまったいわくつきの一品です。

スケトウダラをくさび形にカットして揚げたものです。ソースはピクルス・オニオン・ホワイトペッパーを加えたオリジナルタルタルソースを掛けて頂きます。

今回はイギリスの伝統食を意識した「フィッシュ&チップス」をセレクト(フライドポテトLと今回の商品1つ)したのですが、380円でこの量かよ(汗)。



味はいいんですよね。量だけ頂けないだけで(苦笑)。
薄味で淡泊な白身魚なんですが、衣の風味が白身の味を邪魔するのではなく引き立ててくれてるんですよ。もっと食べたいけど、190円で追加するのも何ともはや・・・。ワンコインでせめてフライドフィッシュ×2とフライドポテトSで何とかなりませんか(ニヤニヤ)。


どちらももうひと工夫欲しいところ。前者は肉質に、後者は提供の仕方に。惜しい、ホント惜しい。発想の出所はよかっただけに。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:50│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字