2014年06月02日

レコゲー2014 6月据え置き機編②

レコゲー、2回目は各ハードの注目作の紹介です。今回はソニー系ハードのみになりました。


まず最初はPS4から、無双OROCHI2 Ultimate(★)です。
2013年にPS3とPS Vitaで登場した同作品の移植版になります。
PS4の本体の機能を生かして一騎当千の爽快感(キャラクターのワラワラ感)やグラフィックが大幅に向上しています。またPS4独自のSHARE機能にも対応しています。もちろん、既に発売しているPS3とPS Vita版とのデータ連動やPS3ないしはPS Vita版とのデータ引き継ぎプレイもできるようになっている(なおかつ特典付)ので、これまで遊んだデータも無駄にならないよう配慮されています。


続いてPS3から、CV ~キャスティングボイス~です。
恐らく史上初と思われる、声優と一緒にアフレコに挑んだり、作品のキャスティングなど総合的なプロデュースを行う作品です。
この作品は様々なモードがあり、プロデュースモードはプロデューサーとなった主人公がキャスティングから収録アドバイスまで行っていき、良好な関係を築ければ自身の評価やテンションが上がって行き、より大きな仕事ができたり、より大物な役者との仕事ができるようになっていきます
キャスティングモードは、プロデュースモードで行ったアフレコ部分を自由にキャスティングできるようになっています。このモードでは1人に複数役与えることも可能です。
アフレコモードは別売りのUSBマイクを利用して、収録声優とのアフレコが共演できるようになっています。もちろん、収録した作品の保存や鑑賞も可能です。またレコーディングモードで自身の声を加工することもできます
作中に出てくる台本は100種類以上で、テイルズシリーズといったバンダイナムコゲームスの作品以外にも「ローマの休日」のワンシーンなど有名作品も登場します。
将来声優を目指している人やプロデューサー業を目指している人達が楽しみながら勉強できる作品になるのではないかとも思っています。またマイクを使ってアフレコをするという画期的な作品でもあるので、なりきり作品としても楽しいのではないかと思います。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:35│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字