2014年08月05日

レコゲー2014 8月 携帯ゲーム機編 前編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
こちらでも、PS Vitaに関してはラッシュ状態。しかし3DSは相変わらずいい意味で言えば少数精鋭、悪い意味で言えば新作が続かない状況下に陥っています。まぁ、売れる作品が集中的に出ているので、そこまで力んで出さなくてもいいというのが、現在の3DSを取り巻く状況なのかもしれないのですが・・・。
その機体ゲーム機編、注目作がほとんどギャルゲーという状況なので、今回前後編に分けて紹介していきましょう。


最初は3DS唯一の注目作である「閃乱カグラ2 -真紅-
2011年から3DSおよびPS Vita、そしてソーシャルゲーム(GREEやMobage)で展開しているアクションゲーム。今作は、実質的には第1弾「閃乱カグラ -少女達の真影-」の完全版とされる「閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-」の続編にあたる作品です。
今作は京都を舞台に繰り広げられるアクションモノとなり、アドベンチャーパート・コスチューム破壊演出・更衣室だけでなく、アクションパートに至るまで全ての面で立体視が可能になっています。それ以外にも新キャラの登場・グライックの大幅強化・ペアバトルモードと通信対戦ができるようになっています。
アニメ化もされ結構盛り上がった感があり、今作は通信機能が充実しているので、さらにファン同士の交流もできるのではないのでしょうか。


ここからはPS Vitaの作品紹介です。上記の作品もそうですが、今回紹介する2作はオリジナル作品です。


最初は、ラブライブ! School idol paradise Vol.1 Printemps」・「ラブライブ! School idol paradise Vol.2 BiBi」・「ラブライブ! School idol paradise Vol.3 lily white」(★)
電撃G's magazineが行っている読者参加型企画に端を発し、テレビアニメにもなった同作品の初のコンシューマーゲーム。スマホアプリでは既に大ヒットを飛ばしています。
ちなみに、スマホアプリではリズムアクションとアドベンチャーという組み合わせでしたが、今作ではリズムアクションがメインとなっているようです。
まずディスカッションパートで楽曲や衣装を選び、そのセレクトしたものでリズムアクションパートを楽しむというふうになっています。リズムアクションパートはスマホアプリの物と同様にタッチパネルで進行していきます。
なお、3バージョンの違いは収録曲の違いによるもので、それ以外の内容は変わらないとのこと。ゆえに、状況によっては3本ともダウンロード購入をした方がオトクな可能性もあります。

続いては、バレットガールズ」(★)
レンジャー部に所属する女子部員達が様々な武器を駆使し模擬戦を行うというもので、ジャンルとしてはサード・パーソン・シューター(TPS)になります。とはいっても、シリアスチックなものではなく、各部位に攻撃することで耐久度を減らし、0にすることで脱衣となるという・・・まぁ、手の込んだ脱衣ゲームですな(ニヤニヤ)。
ただ単純に脱衣をするのではなく、銃撃戦中にパンチラをさせるとかPS Vitaのタッチパネルを使った尋問特訓というモードもあるので、単純にTPSで楽しむ以外の楽しみも・・・って、それって何てエロゲー(ギャハ)?
このように純粋にTPSも楽しめれば、イロモノとしても楽しめる作品なので、幅広く薦められるのではないかと。


次回も携帯ゲーム機編です。次回はPS Vitaで繰り広げられる「夏のギャルゲー祭り」の予定(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:17│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字