2014年08月19日

コミケ86 0日目 早速疲れたわい(泣) その2 テレビ朝日前はドラえもんだらけ

築地市場から都営地下鉄大江戸線に乗って10分弱。テレビ朝日の最寄りの駅になる六本木駅に着きました。
六本木駅に着いてすぐ、ホームの柱に付いている電子広告は、テレビ朝日周辺で行われている「テレ朝夏祭り」の広告でいっぱいになっていました。


「テレ朝夏祭り」は、テレビ朝日が初めて行う放送局主体のイベントです。既にTBS(夏サカス)・フジテレビ(お台場冒険王)・日本テレビ(汐博)は開催しており、大きな成功を収めています。


大江戸線からテレビ朝日に向かうには結構歩かないといけない。もちろん他に東京メトロ日比谷線もあるのですが、あちらはどちらかというと六本木ヒルズ森タワーの最寄り駅若干テレビ朝日本社と六本木ヒルズ森タワーが離れていたので、テレビ朝日本社側に行った方がいいというのと、大江戸線一本で行けることから大江戸線で向かい、降りたのです。
ちなみに、築地市場から日比谷線で向かう方法もなくはないのですが、築地市場駅よりも少し遠いところにあるので、乗るには不便なんですね。

六本木駅から坂を下って約5分ほど。テレビ朝日本社に着いたものの、会場がどこかわからない。もっと言うと、ドラえもんがどこに設置されているのかがわからない。色々調べてみると、何と66プラザという六本木ヒルズ森タワー側の方にあるのだとか。だったら日比谷線で行けばよかったんじゃん!
・・・なので、行くなら日比谷線で行きましょう(泣)。


SHL23_0573そんなこともありながら、ぐるっと回って66プラザにやって来ました。
この66プラザには、会場名にちなんで66体のひみつ道具を持ったドラえもんとオリジナル(いわゆる黄色いドラえもん)があちこちに設置されています。
朝も早よから、親子連れや大きな子供達(笑)がいっぱい来ておりまして、想像以上ににぎやかでした。



SHL23_0575では、代表的なものから紹介。まずは黄色いドラえもん
解説によれば、3日3晩泣いていた結果、声が今のようにがらガラ声なったとあるものの、色が今のように青くなったのかは解説がなかったような。メッキがはがれた説と青ざめた説があるのよね。



SHL23_0577こちらは「ウソ800(エイトオーオー)」を持ったドラえもん
このひみつ道具がなければ、ドラえもんは帰って来なかったんだろうねぇ。



SHL23_0578こちらは「アンキパン」を食らわんとするドラえもん
にこやかに食らおうとしてますが、のび太くんは0点を取りたくがないためにドラえもんに無理やり食わされているというのに(苦笑)。



SHL23_0579しばらくすると、テレビ朝日アトリウムが開こうとする時間なので、行ってみることに。
写真は、「ドラえもんグッズショップ ドラや」の前にあるドラえもん
ちなみに、テレビ朝日アトリウムは「徹子の部屋」のゲスト体験ができるコーナーなどいくつかのアトラクションが用意され、全国ネット(一部除く場合あり)の番組紹介やポスターも掲載されています。



SHL23_0580テレビ朝日アトリウム奥には、のび太の部屋が再現されています。
新千歳空港のドラえもんミュージアムにもあったけど、思った以上にのび太の部屋って狭いのね。



SHL23_0581ちなみに、部屋の前にはこんなものが(笑)。



SHL23_0582「ドラえもんグッズショップ ドラや」では、飲食メニューも用意されています。一部は「藤子・F・不二雄ミュージアム」でも販売している商品が今回頂けます。今回の商品もそのミュージアムで頂けるものです。
左は「どら焼きアイス」(左上がバニラ・左下がチョコレート)、右は「ドラバーガー」。



SHL23_0583「ドラバーガー」の中はこんなふう。



「どら焼きアイス」は、しっとりとしたどら焼きの皮が冷たいアイスによく合うのですが、個人的には、バニラ味の方が皮の味(甘味)がよくわかりますね。結構美味いです。
「ドラバーガー」は、肉のジューシーさがよく伝わってきます。バンズが少々パサ付いているかとも思いますが、肉の旨味をよく吸って美味しくなるのならいいんじゃないかなとも。企画系商品とはいえ、よくできていると思います。


この後、最初に赤坂に行こうか、中野に行こうかと迷ったのですが、お腹がふくれてきているので、遠い中野に行ってお腹を空かせてから赤坂に寄ろうと思ったのでした。


ではなぜ中野なのか。そのあたりは次回明らかになります(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:37│Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字