2014年11月05日

レコゲー2014 11月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。


まずは3DS。年末商戦に入るということもあり、キャラモノ作品が多く出る中、あの作品が登場します。そうです、「ポケットモンスター」最新作の「ポケットモンスター オメガルビー」(★)と「ポケットモンスター アルファサファイア」(★)ですよ。
2002年にGBAで発売された「ポケットモンスター ルビー」と「ポケットモンスター サファイア」をリメイクしたもの。世界観やシナリオはリメイク元に準拠するものの、ゲームシステムに関しては、過去に3DSで発売した「ポケットモンスターX」と「ポケットモンスターY」に沿ったものになっています。また前述のシナリオに関しては、一部「X」と「Y」で登場する要素が加わっています
もう「ルビー」と「サファイア」が10年以上も前の作品になっているんだなと思うと感慨深いものを持ちますけれども、過去に遊んだ人にとっては懐かしい作品として、新しいシステムの下で楽しめるのではないかと思います。もちろん初めての人にも十分オススメです。


対してPS Vitaも色々と出してきていますが、やはりキャラモノ作品が目立ちます。その中から2本紹介します。


最初は、デカ盛り 閃乱カグラ
閃乱カグラシリーズの番外編的な感じの作品で、ハイパークッキングバトル(と称したリズムアクションゲーム)になっています。
自身の料理を上手いと審査員に言わせることで相手の衣装の全破壊を狙うだけでなく、その上を行く女体盛りまでをも狙えるという衝撃の展開(笑)。そのためには3回の試食タイムで審査員を唸らせるだけでなく、ミスなくコンボを繋ぐことで溜まる九字をマックスにし、秘伝忍法を繰り出すことも重要になってくるでしょう。また女体盛りを狙うには、シャッターチャンスというハートをマックスにし、かつその際にライン上に流れてくるハートマークを押すことで発動できるシステムを実行しなければならないわけです。
その他、難易度調整やストーリー・アーケード(ランダム対戦)・フリーの3種類のモードも選べるようになっています。また更衣室も健在です。Vita特有のタッチスクリーンおよびタッチパネルシステムで、コスチュームをいじったり破ったりもできるんですよ(ニヤニヤ)。
総じておバカなノリの作品ではあるものの、本人達は至って真剣(のはず(苦笑))。ファンならばその真剣ぶりに免じて購入ですな(爆)。

もう一つは、Fate/hollow ataraxia」(★)
2005年にPCで発売された同作品の移植。「Fate/stay night」のファンディスクであり続編でもあります。そして意外なことにコンシューマー初移植でもあります。コミカルな展開を見せながらもその裏に隠された真実を追い掛けるというものになっています。
移植に際しての追加要素として、ufotableによるオリジナルアニメーションが挿入され、タワーディフェンスゲーム「カプセルさーばんと」(総勢50種以上のさーばんとが登場するとのこと)がミニゲームとして収録されます。その他、タッチスクリーンに対応・フルボイス化(ミニゲーム含む)にもなっています。
PC版で遊んだ人も、テレビアニメから入った人も本編だけでなく様々なミニゲームも収録されているので、十分満足して楽しめるのではないかと思います。


携帯ゲーム機編 結論
3DSは年末商戦の大本命ポケモンの最新作が登場。これまでに発売したモンハン4Gなどと共に年末商戦を制していくのではないかと思われる。

PS Vitaはキャラモノが集中投下されている感じ。玉石混合と思われるので、好きな作品でも要注意。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:25│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字