2014年12月01日

レコゲー2014 12月 据え置き機編①

いよいよ今年も残りわずかとなりました。どの業界も年末商戦真っ盛りにならんとしているでしょう。かくいうゲーム業界もその真っ只中。毎年この時期は期末(3月)・夏休み(7月・8月)・9月と並んでたくさんのソフトが発売されますけれども、今年はいかがなものなんでしょう?
個人的には、今年は少し大人しいのかなと。ただ、この前に既にいくつもの打ち上げ花火を打ち上げている状態なので、既存のソフトがどれだけ売れるのかというのがここ数年の視野に入れるべき部分なんでしょう。


そんな中、今回最初はマルチ展開の作品紹介からです。


今回一番最初に取り上げられないといけないのが、「グランド・セフト・オートⅤ」(PS4XBOX ONE)(★)
既にPS3やXBOX360で発売されていますけれども、新世代機版が発売されることで、より高精細なグラフィックだけでなく、ディディールへのこだわりが増しており、よりリアルなプレイをすることができるようになっています。さらに新世代機版には一人称視点モードが搭載され、リアルさが増すようになっています。
既にPS3やXBOX360で遊んだ人も、よりリアルでよりディティールの凝った今作品に触れてみてはいかがでしょう。

続いては、「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」(PS4PS3)(★)
今年2月にアーケードで登場した今作品が早くもコンシューマーに移植となりました。本編のシリーズ(GUILTY GEARシリーズ)と外伝のシリーズ(GUILTY GEAR X(ゼクス)シリーズ)双方から数えても3作目にあたるため、『Xrd(イグザード)』となったそうな。
時間軸としては「GUILTY GEAR 2 OVERTURE」より未来の時代が舞台になっており、グラフィックは3Dポリゴンでの描写となっていますが、操作性はこれまでのシリーズ同様2D型格闘ゲームのそれと同じふうに仕上げられています
なお、コンシューマー版ではオンライン対戦が可能となっていますけれども、PS3とPS4とのクロスプラットフォームに対応しているので、ハード間の格差は実質無くなります。またプラクティスモードが充実しており、格闘初心者の人も1から対処できるようになっています。
アーケードで培った人も、コンシューマーで初めて触れる人も、遊びやすく配慮されているなと感じられますね。これまでの作品もそうであったのですけれども、今作はこれまで以上にそれを実感します。

3番目は、「ぷよぷよテトリス」(PS4XBOX ONE
こちらも既に複数のハードで展開されていますが、遂に新世代機の投入で完了というふうになります。
PS4版・XBOX ONE版は、パッケージ販売のみで、ソフトの中に既に配信されているダウンロードコンテンツが全て収録されます。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:01│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字