2015年02月05日

冬の新機種2015 au編 中編

冬の新機種au編、今回は変わり種スマホ3機種(正確には2機種。後述)の紹介です。


③BASIO KYV32
5インチのフルHD液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid4.4で、ベースとなっているのはURBANO V01(KYV31)
普段からよく使う機能(通話・ホーム・メール・カメラ・ボリューム・電源など)に関しては物理キーとして下部ないしは側面に据えられている。またスマートシニックレシーバー・ゆっくり通話・聞こえ調整・でか文字・拡大鏡機能・1300万画素のCMOSカメラ・IPX5/8相当の防水・IP5X相当の防塵・MIL-STD810G規格の耐衝撃性能・VoLTEなどを備えている

個人的感想
機能面から見て、この機種は簡単ケータイの流れを汲んだものになっている。しかしながら、ただ通話だけで終わらせるのではなく、スマートフォンの機能を十二分に楽しませようという配慮もなされている。ただしVoLTEになっているので3Gに対応していないことから、場所によっては繋がりが悪くなることも注意しなければならないのは残念なところ。


④miraie KYL23
4.5インチQHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid4.4。
IPX5/7相当の防水・IP5X相当の防塵・MIL-STD810G規格の耐衝撃性能・VoLTEに対応。またカメラキーを1回目は長押し・2回目は短く押すと防犯ブザーとしての機能を利用可能に。さらに、子供にとって不適格な文字を入力すると警告する仕組みも備えられている。なお、この機種を購入する際には、3620円/月で0.5GB/月利用可能なジュニアスマートフォンプランに加入することとなる。

個人的感想
この機種は、これまでケータイで製作されていたジュニアケータイのシリーズになり、ジュニアケータイで初めてスマートフォンでの展開になる。子供向けに配慮された機種になっているだけでなく、丈夫でかつ音の聞こえのよいふうにも配慮されている。ただし、Google Playには未対応になっているのは、コンセプトのためとはいえ残念なところでもある。


⑤AQUOS K SHF31
3.4インチQHD TFT液晶を搭載した折りたたみタイプのスマートフォンライクなケータイ。OSはAndroid4.4。
au 4G LTE・ワンセグ・おサイフケータイ(FeliCa・NFC)に対応。テンキー部分はタッチクルーザーとなっており、画面上のポインタを動かすことができるようになっている。

個人的感想
個人的にはスマホというカテゴライズにしているものの、正確にはこの機種はケータイという扱いとのこと。しかしながら、Androidを採用しているため、これまでのauで使われているケータイ用OSとも異なる部分がある。ただ、この機種はAndroid搭載ながらもGoogle Playが使えないので、アプリを楽しもうと思っての機種変更には注意を要する。スマホも気になるが、ケータイベースで使いたい・・・という人にオススメの機種になってくるかもしれない。


次回はガラケーとモバイルWi-Fiアダプタの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字