2015年02月11日

ケンタッキーがハンバーグを作ると、こうなる

2/5よりケンタッキーフライドチキンでは新たな試みが行われています。何とケンタッキー史上初となるチキン以外のメニューを出すこととなったのです。


SHL23_1125それがこちら、「ビストロ風ハンバーグサンド」



SHL23_1126この商品、食べ方がちょっと独特。
前の写真の通りに、裏面にひっくり返し、上に開いてかぶりつくというもの。この封印方法は一緒に製作をした会社から特許を取ろうとしているのだとか。



SHL23_1127中はこんなふう。
思った以上に分厚い肉が鎮座ましまししております。ただ、意外なことに野菜類はレタスくらいしか見当たりません

この中に入っている肉というのは、牛7:豚3のいわゆる黄金比で練られた合挽き。それを形成した後にスチームオーブンで15分間蒸す・蒸し焼き・焼くの3工程をじっくりと行います。そこにマッシュポテトにチーズを合わせたフランス中西部の料理アルゴ風のソースが掛かります。



味に関して言えば、チキンから牛と豚の合挽き肉に変わったとはいえ、正しく肉を食うというケンタッキーの伝統を守っております。個人的には作り置きのせいなのか、もう少しジューシーさが欲しいと思いましたけれども、肉の味としては十分に美味しい
肉の旨味と甘味、そして肉厚でありながら柔らかいそれは、ハンバーガーの王者マックのパティとは全く違うものになっています。これをマックで出せたらすごいと思うわ(ちなみに、マックの肉は牛100%)。
アルゴ風ソースはどちらかというと甘めの味付けで、肉の風味を引き立てる役割だと思います。味付けとしては悪くないので、実にいいものだとも思います。


これはまた食べたくなる美味しさ。できることなら出来立てを頂きたいと思わせる一品になってます。


この商品は、単品でも頂けるのですが、セットメニューの場合2個食べることも可能です。なお、数量限定なのもさることながら、販売店舗も限定されているので、必ずケンタッキーの公式サイトで確認の上で来店して下さい。私もショッピングセンターにあるケンタッキーでは販売していないのを知って、昔の近所だったケンタッキーまで足を運びましたからね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:58│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字