2015年12月18日

ペヤングの中身を入れ替えてみた

SHL23_2084以前『具材はそのままでいつものソースにしたらどうなるのだろうとか思うと気になって仕方なくなる』と書きましたけれども、いよいよ今回それを試す機会がやって来ました(笑)。
やり方は、「ペヤングやきそば にんにくMAX」(左)に入っている塩だれを掛けずに、「ペヤングソースやきそば」(右)に入っているソースとスパイス・青のりを、にんにくチップや唐辛子たっぷりの具材の中にぶっかける・・・という算段。果たして、にんにくの味わいがあのソースに勝ってしまうのか。ちょっと気になるところですねぇ。



さて、3分経ってソースをぶっかけてみたところ、にんにくの香りよりソースの香りが強い(爆)。そしてもちろん、ソースの味わいが最強(笑)。でも、にんにくチップ(お湯でふやかすので実際はにんにく)をかじれば、ちゃんとにんにくの味はします。決して邪魔はしていないので、これはこれでアリなのかもしれないなと思いました。

では、残った塩だれを掛けた方はどうなのかというと、にんにくの味わいはあるものの、少し薄いいつものソースやきそばの具材がキャベツだけというのもあり、余計に味の薄さを痛感させられます(それゆえに、最後飽きが来た。普段そこのレベルにまで至るのは、私には珍しいんですよ(汗))。やはり、あのキャベツは、ソースの風味を引き立てるだけでなく、ソースの味を和らげる箸休め的な役割をしているんですね。


ソースやきそばをにんにくチップに掛ける方は試す価値がありますよ。ただ逆の方は、よほどのもの好きだけにしか薦められませんね(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字