2016年06月15日

春の新機種2016 ソフトバンク編

春の新機種2016、ここからはソフトバンクの新機種紹介です。
とはいっても、毎度おなじみ(?)の発表会はない状況新機種のプレスリリースが行われただけとドコモやauの豪華さに比べたら、これまた毎度ながらシンプルというのか質素というのか。派手な施策をバンバンと打つくせに発表会を行わないのは、ソフトバンクらしくないなといつも思うようになりました。
具体的な施策もないので、このまま新機種の紹介に参りましょう。


①Xperia X Performance(502SO)
5インチのフルHD液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
キャリアアグリゲーションやに対応。2300万画素のCMOSカメラやIPX5/8相当の防水機能とIP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
全てにおいてハイスペックでありながら、男女を問わないシックないしはポップな4色展開、そしてワンセグ・フルセグやおサイフケータイといった独自の機能も搭載しているので、恐らく今回の機種の中では一番売れるのではないかと思われる。


②AQUOS Xx3(506SH)
5.3インチのフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
速い動画にも耐えうる超高精細な液晶に2260万画素のCMOSカメラ、指紋センサーによる指紋認証機能、IPX5/8相当の防水機能やIP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
今回のシャープの機種は画面いっぱいにまで広がったEDGESTを辞め、通常の画面構成になっている。それでいて、キャリアアグリゲーション、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイも抑えている。さらに完全防水になるようにキャップ型のふたを採用しているので、水回り出も安心して使えるように配慮されている


③DIGNO F(503KC)
5インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
IPX5/IPX7相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能、MIL-STD-810G規格に準拠した耐衝撃性能を搭載している。

個人的感想
機能面では高いものではないが、「かんたんビギナーホーム」に代表するスマホ初心者でも扱いやすい機種として展開しようとしている。機能を求めない中年層・高年層や主婦にはウケがいいように思える。


次回はワイモバイルの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:28│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字