2016年10月19日

秋の新機種2016 ソフトバンク編①

いつもなら、秋の新機種が発表され大盛り上がり・・・だと思うのですけれども、ここ数年は新機種の発表が行われない、行われても小規模という感が否めなくなりました今回紹介するソフトバンクの新機種も発表会は行わず、プレスリリースのみとなりました。そこまで力を入れなくとも・・・というふうなのか、いつも売れ残るならという打算も働いているのかねぇ(汗)。ちなみに、一部の機種はワイモバイルからも発売されますが、どう紹介しようかしら?
今回の新機種紹介は、来年発売予定の機種も併せて紹介します。なので、事実上秋冬新機種の紹介というふうになるでしょうね。


では、新機種の紹介です。今回は既に発表されていたシンプルスマホ3も同時紹介します。


①Xperia XZ(601SO)
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
2300万画素のCMOSカメラには、「Exmor RS for mobile」・「レーザーAFセンサー」・「RGBC-IRセンサー」の3つのセンサーを搭載し、暗いところでも素早く、色表示も自然にかつきれいに撮れることを意識している。またユーザーの行動パターンから最適な充電を割り出し、2年経過してもバッテリーが劣化しないようにする「いたわり充電」という機能が搭載されている。その他、IP6X相当の防水機能・IPX8相当の防塵機能が搭載されている。

個人的感想
常にハイスペックな機種を提供しているソニー、今回も海外版をベースに様々なブラッシュアップを図ってきた。
素晴らしいのは充電もただするのではなく、ユーザー目線で動いていること。確かにバッテリーは一番気になるところなので、こういったファジーな機能は今後も搭載してほしいところ。カラーリングも4色展開で、男女ともに取り込めると思う。惜しむらくは、防水機能が付いていながら外部接続端子がキャップレスなところ。端子部分が錆びたり、そこから水が入っておシャカというふうにならなければいいが・・・。


②AQUOS Xx3 mini(603SH)
4.7インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.0。
2100万画素のCMOSカメラを搭載。またバッテリーの持続時間を長くできる「省エネスイッチ」も搭載した。

個人的感想
今回の機種も「見るだけロック解除」が搭載され、指紋認証に変わる眼球での識別機能を備えた。コンパクトながらも機能面はハイスペックな部分もあるので、安価でいい機能を求める人にオススメしたい。カラーも5色でポップなので、特に女性層にウケがよさそう。ただ、現状では防水・防塵が未定なので、それ次第で売れ行きが大きく変わるかもしれない。


③シンプルスマホ3(509SH)
5インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
LINEなどのアプリが搭載されているだけでなく、Google Playからのダウンロードも可能になった。その他、画面の一部分を拡大表示できる「かんたんズーム」、最大4人までワンタッチで連絡ができる「楽ともリンク」、MIL-STD-810G相当の耐衝撃性能、IPX5/8相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能が備えられている

個人的感想
これまでシンプルホン系のケータイは、字が大きければいい・ボタンが押しやすければいいという流れが主流だった。しかし、ここ数年はそれプラスを求める傾向が強くなり、徐々にプラスの機能を加えられてきていると思う。今回は、これまで入れていなかったGoogle Playを搭載したので、シニア層にもアプリを落として便利にするという楽しみを得られるようになったことにより、シニア層でもスマホライフを楽しめるようになったと思う。その他の機能も充実しているので、もはや字が大きい・ボタンが押しやすい部分がなければ、普通のスマホとあまり変わらないかもしれない。


次回はタブレット端末の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:28│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字