2016年11月01日

新型メガドライブ発売!

ただし、ブラジルで(ギャハ)。
メガドライブとは、1988年に発売された16ビットのゲーム機。当時はこれとスーパーファミコン(PCエンジンを加えることもある)で次世代機と呼ばれていたものです。真っ黒なボディに金ピカの『16-BIT』の文字が燦然と輝いていました。
メガドライブでは、サードパーティを本格参入させたり、大容量をウリにしたゲームを展開したものの、後に発売したスーパーファミコンに美味しいところは全て持って行かれてしまったという悲しい経歴が残っています。それだけスーパーファミコンがすごかったということでもあるのですが。
1994年にセガサターンが発売されたことで、メガドライブはその役目を事実上終えました(最後のソフトは1996年に発売)。しかし、個性的な作品が並び、セガサターンの方向性を決めたとも私は思っています。

その後、日本では終了したメガドライブは欧米でも徐々に終息していきましたが、ブラジルだけは国内事情(ゲーム機など精密機器の輸入には高額の税を加算される)で生き残るというふうになっていました。というのも、セガがブラジルにあるテックトイ(Tectoy)という会社が販売代理(ライセンシー取得)をしているためで、同社で製造をしていることもあって、安価で国内に流通していたのです(同様の理由で、マスターシステムも生き残っております)


で、今回発売した新型メガドライブは、日本のメガドライブと同じ漆黒のボディではあるものの、名物だった『16-BIT』の金ピカは失われ、外装も質素なものに。それでも22種類のゲームがあらかじめ遊べる他、SDカードスロットが搭載されているとのこと。互換機ということもあってカセットも挿せる(ただし、全て稼働するとは限らない)ということなので、過去の資産も使い倒せます(笑)。
ちなみに価格は399レアル(約13,000円)。不況と言われているブラジルでこの金額が妥当なのかどうかわかりませんけど、日本人から見たら破格値とも。


まだブラジルには、日本人が昔味わったゲームの楽しさというものを持っているのかねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:57│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字