2016年11月08日

また納期管理の失敗で延期かよ

現在TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)やBS11(日本BS放送)などで放送されている「ろんぐらいだぁす!」。以前にも第3話が制作スケジュールの遅れで延期となったのですが、5話も制作スケジュールの遅れで放送延期になったそうです。今回2度も『不渡り』を出しているわけで、一般企業なら倒産への引き金を引いた、資産のない企業なら既に倒産が決定的になるでしょう。
そして、今回知ったこととして、この納期スケジュールの遅れをもたらしている制作会社は、「ガールズ&パンツァー」・「レガリア The Three Sacred Stars」を手掛けているアクタスというところ。しかも、「ガールズ&パンツァー」も過去納期遅れを繰り返しており、「レガリア The Three Sacred Stars」に至っては、4話で一旦放送を止め、9月以降改めて1話から放送していくという有様。ファンはいたたまれないですわ。
あまつさえ、「ガールズ&パンツァー」が成功しているんですよね。この成功が、この制作会社に誤った認識を植え付けてはいないだろうかと。「遅れても評価が高ければいいのだ」というふうに。


正直、この会社は制作会社としては失格です。もう一度外注の請負から始めて、クオリティと納期の関係を学んだ方がいいです。私個人としては、この会社が関わるアニメ作品は、もう見ないかもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字