2017年03月01日

サークルKサンクス終了が間近になってきた

ファミリーマートとの統合が進んでいるサークルKサンクス。まだ店舗としては残っているものの、徐々にのぼりやPOP類がファミリーマート色になり、店の看板などもファミリーマートに転換する店が現れ始めましたまだサークルKサンクスでオープンしたての店もあるので、完全転換は本当に2019年頃になるのかもしれませんが、今回の話を聞いていると、思った以上に早くなるのかもしれません


サークルKサンクスに卸すPB商品など独自商品がファミリーマートサイドに統合されたとファミリーマートから発表がありました。
サークルKサンクスにも、現在ファミリーマートで展開されていた無印良品の商品が置かれるようになりましたし、StyleOneの商品も現在ある在庫が切れ次第、FamilyMart Collectionシリーズに転換されています(StyleOneはアピタ・ピアゴのスーパー事業で継続)。ファストフーズに置かれている商品も既に統合が進んでおり、フライドチキンはファミチキシリーズに転換されています。
一方で、サークルKサンクスのメイン商品の一つだった焼き鳥も一部で廃止になっておりますし、ファミリーマートで残ったサークルKサンクスのスイーツブランドだったシェリエドルチェも「濃厚焼きチーズタルト」のみになりそうです(レシピを残して商品名を替えるものはあるそうだ。なお、「濃厚焼きチーズタルト」はファミリーマートとの共同開発という話もある)


いいものは残すべきだと思うのですが、資本力の差とか経営力の差とか統合の時の勢いの差とかで押し切られてしまうのよね・・・。今回はサークルKサンクスが押し切られる形になってしまったわけです。
またファミリーマートはグダグダに終わったサークルKとサンクスの統合を見ているから、こうも早急なんでしょう。4年も掛かって商品しか統合できなかったわけですから、できる限りスピーディーに行いたいと思っているのでしょう。今の社長もそのあたりは厳しそうですから。
でもね、ファミリーマートは自分の商品にないと思ったものは残してもよかったんじゃないの?今は真新しさで2割客が増えているけれども、同じだと思われた頃から飽きられ始めますよ。だからこそ、サークルKサンクスの商品でもよかったものは残してほしいです、はい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字