2018年02月17日

ネーミングライツの絡まない圧倒的存在感

福井県福井市にある福井県営陸上競技場。福井運動公園内にあるので、福井運動公園陸上競技場とも呼ばれる(どちらかというと、こちらが正式名称っぽい)そうですけど、去年9月に霧生祥秀選手が陸上100mの日本記録を打ち立てただけでなく、日本人初の9秒台(9秒98)を叩き出した場所として有名になりました。


そんな福井県営陸上競技場が、新しい愛称を付けることになったそうです。しかもネーミングライツ(命名権)ではないのです。
普通ネーミングライツは、どこかの企業が宣伝も兼ねて、いくらかの金額を払って複数年契約を結ぶというのが一般的です。同じ陸上競技場なら、パロマが愛知県名古屋市にある瑞穂陸上競技場のネーミングライツを取得して、パロマ瑞穂陸上競技場としたり、正田醤油が群馬県前橋市にある群馬県立敷島公園県営陸上競技場のネーミングライツを取得して、正田醤油スタジアムとした例があります。前者は本来の陸上競技場の名前を生かしたネーミング、後者は自身の企業名を際立たせたネーミングですね。ただ、後者の場合、買収企業によって名前が変わってさあ大変、♪どんぐりころころの替え歌を歌いたくなってしまいますが(ニヤニヤ)。

しかし、今回は選手の偉業を後世に残そうという意図を込めての命名変えたいと思えばいつでも変えられるのですが、日本人初の9秒台という記録は未来永劫残るだろうし、企業に付いてもらうわけではないためカネは入って来ないものの、記録を達成した陸上競技場ということで、ある意味宣伝効果は抜群だとも思えるわけです。


で、今回福井県営陸上競技場の愛称は、霧生選手の偉業をたたえて「9.98スタジアム」となります。正面入口左部には、高さ11m・幅6mほどの赤いライン看板が据え付けられ、大きい白文字で「9.98」、小さい白文字で「9.98STADIUM」と書かれております。イメージ写真を見たのですが、何という「9.98」の圧倒的存在感(笑)。
もちろん、霧生選手の偉業を称えるためのスタジアムなので、彼の記録を紹介する文章を添える予定なのだそうな。


この改修は5月までに行う予定で、9月~10月に行われる福井国体・障害者スポーツ大会開催時には、新しい顔でお出迎えとなります。
残念ながら陸上でしか使われることがない(サッカーのできるスペースはあるものの、サッカーはテクノポート福井スタジアムという専用スタジアムがある)ため、宣伝効果は無限大のようにならないみたいですわ・・・。だからネーミングライツが<また文章途切れさせてやろうか!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:10│Comments(0) スポーツ 

コメントする

名前
 
  絵文字