2018年04月15日

九州物産展というよりくまモン物産展だった(笑)

現在JR名古屋高島屋で「大九州・沖縄展」が開催されています。同時に熊本県の広報大使も務めているくまモンを紹介する「大くまモン展」も同時開催されていました。ゆえに、『くまモン物産展』になってしまった(笑)。


SHV39_3027ここで「大くまモン展」の展示物を紹介。写真撮影は可能なので、思いっきり撮れた(爆)。


最初は、ホンダのバイク「モンキー」のくまモンバージョン
実際にくまモンも乗ったらしい。黒を基調にしたバイクで、くまモンみたいというのは言い過ぎか(苦笑)。



SHV39_3029こちらは、「大くまモン展」の特別衣装



SHV39_3030そして、別所にあった加藤清正の衣装を着たくまモン



SHV39_3031くまモン関係のものもいくつか出ておりました。


最初は、芦北郡芦北町にあるもなりおの「くまモンの人形焼き」の袋。結構オシャレですね。



SHV39_3032そして中身。思ったよりクオリティが高い。
なお、今回の中身はあんこです。



味はいわゆる大判焼きと一緒だと思います。あんこは少し甘い感じがしますけど、あっさりしていると思います。


SHV39_3034もう一つは、両口屋是清の「千なり ~くまモン 加藤清正パッケージ~」
熊本県産の抹茶を使用した抹茶粒あんを挟んだJR名古屋高島屋限定版です。加藤清正は、名古屋(清洲)時代から縁のある人ですからね。



SHV39_3035中を見ると、にっこりほほ笑むくまモンの姿が焼き印で描かれています



千なりそのものが美味いから、抹茶あんになっても美味い。もっちりと甘い皮も渋甘なあんに合うのもまた素晴らしい。


SHV39_3026最後は、熊本市西区にある熊本ラーメン 黒亭の「肥後あそび豚の黒亭担々麺」
白ゴマのたっぷり入ったラー油の入った豚骨スープカシューナッツ、肥後あそび豚のそぼろ、自家製の焦がしにんにく油、ほうれんそうが入っています。



スープそのものは重い感じになっていて、ゴマのコクが利いているわけですけど、麺ともう少し絡んでもいいかな。そして、あまり辛いわけではないのに汗がよく出る(苦笑)。何でだろう。しびれる味わいがあったように思えたので、山椒が入っていたのだろうかなぁ・・・。


この催しは明日(4/16)までです。最終日なので17時閉場になるのでお気を付け下さい。今回は偶然熊本関係になってしまいましたが、他の地域の特産品もたくさんありますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:10│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字