2018年04月29日

同じところから同じような酒を出してるけど・・・

SHV39_3096一体何が違うんだ・・・。


ゴールデンウィーク特別企画。『たくのみ』で人生の荒波に溺れる企画(笑)。<アカン!
今回気になって買ってきた「キリン 氷結 パイナップル」(左。以下氷結)と「キリン 本絞り パイナップル」(右。以下本絞り)。どちらもパイナップルをベースにした酒でございます。
大きく違うのは、どちらもウォッカで割ってるのですが、氷結はストレート果汁なのに対し、本絞りはパイナップルの果実も一緒に入れている点です。そのため、本絞りは一旦感をひっくり返して、注ぎ口を下にしてから元に戻して飲んでほしいとのこと。そうすれば、果実が均等に回って美味しく飲めるのだそうな。しまった、忘れてた(苦笑)。



じゃあ、飲み比べてみましょう。


まずは氷結
ウォッカって強い酒なのに、アルコールは5%なのか・・・。それはさておき、パイナップルの爽やかな味のおかげですごく飲みやすいですね(ニヤニヤ)。つまみ関係と合うのかは少し疑問ですけど、のん兵衛には関係ないか(ギャハ)。実際、北海道物産展で買ってきたにしんの甘露煮といかの塩辛でやってる身の方には言われたくないわな(へへへ)。<アカン!やられてる!

じゃあ、今度は本絞り
・・・うおおおおお、これは氷結以上にパイナップの味が濃厚です。パイナップルの果実も感じられる。さすがパイン果汁42%含有(氷結は1.6%)なだけある。これはパインジュース飲んでる格好だわ。美味い美味い。期間限定なのが惜しい。これ『常備薬(ストック)』や(ギャハ)!<アカン、人としての人生終わりや!


実のところ、普段飲むなら氷結でも十分なんだけど、今回まだ本絞りが売っている状況を考えると、氷結でいいじゃんと言いたくなりました。本絞りが定番商品になりますように(ニヤニヤ)。


たくのみ。
たくのみ。
Blu-ray:上巻下巻



人として
♪人として



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:10│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字