2018年06月18日

大阪北部地震

今朝、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の大地震が発生しました。この地震により、関西のほとんどの地域で電車・バス・航空機がストップし、高速道路も通行止めに。電気・ガス・水道などのインフラも未だ止まっている地域があるとのことだそうです。
今回の地震は大阪府の高槻(郡家)・枚方・茨木・豊中・大阪(北区)で震度6弱、大阪府の高槻・豊中・吹田・寝屋川と京都府の長岡京で震度5強、大阪府の能勢町と兵庫県の川西・尼崎・伊丹・西宮と京都府の亀岡・宇治・精華町で震度5弱となっています。震度4も和歌山県を除く関西の県庁および府庁所在地などで観測され、震度3も東は長野県、西は香川県まで観測されています。

これほどの広がりは、関西圏で言えば、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)以来ですが、大阪の人達は口を揃えてあの時以上だと述べています。それもそのはず、今回の地震は、大阪府では1923年に観測体制が整ってからは初めての大規模な地震で、今回震度5以上のところのほとんどが、阪神・淡路大震災では大きな揺れを計測していなかった地域でもあります。
現状、深刻な被害は出ていないものの、随所でインフラが再生できていない状況ではあります。


亡くなられた方もいます。建築基準法違反をした塀にルールを守っていた女子児童が潰されて亡くなるというやるせない事故が起こっています。他にもブロック塀や本棚での圧死が2名の計3名(6/18現在)とのことだそうです。亡くなられた方のご冥福をお祈り致しいます。

水の確保で大変だそうで、これから暑くなるからといって、生水だけは絶対に飲まないようにして下さい。ニュースで川の水を汲んでいるシーンが映っていましたけど、飲料水や食器・身体を洗う水としては不向きです。トイレに流す水として使うなど最低限の用途に留めましょう。


そして、まだ余震の可能性もあります。危険を煽るようで申し訳ないとは思いますけれども、2016年の熊本地震も地震発生の翌日に大きな地震(本震)が発生しています。少なくとも1週間は大きな地震に警戒した方がいいでしょう。
できる限り、自分の身の回りに食料・水・懐中電灯・衣類などを非常用袋に入れておき、ラジオで今後の情報を仕入れられるように準備しておくといいかもしれません。


最後に、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:55│Comments(0) 真面目なモノ 

コメントする

名前
 
  絵文字