2018年12月10日

本当に温暖化しているのかといぶかしがってしまうのだが

先週末から急激に寒くなって、関東圏では最高気温が10゚C以下になる勢い。名古屋でも10゚Cは超えたものの、息が白くなるくらいの寒さではありました。
思えば、この日までに急激な温度変化があったわけで。先週か先々週あたりは秋の紅葉を楽しめるくらいの気温で、まぁ寒いかなと。そして急激に温かい、いや暑いくらいの気温になったことも。まぁ、とんでもないと思える気温差だったところに、この寒気団一気に冬突入となり、北日本や北陸などで雪が降るというふうになりました。


あれ、今年って暖冬って言ってなかったか?確かに暖冬の傾向があるのは、変に温かいことで立証されているとも言えるでしょう。
しかし、温暖化で怖いのは、暖冬ではなく、激しい寒暖差ジェット気流が乱れることで暖気と寒気がぐちゃぐちゃになり、ある時は暖気の中にすっぽりと入って冬でも暑いと思ったら、今度は寒気の中に放り込まれ、あっという間に大雪になるということも。この差が怖いのです。
アメリカのトランプ大統領は、温暖化はまやかしと言っていますが、実は温暖化はわからないように来ているのです。特に急激な寒さが来ると、本当にまやかしだと思い込むでしょうけど、それが本当の温暖化の影響なのです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:34│Comments(0) etc 

コメントする

名前
 
  絵文字