2020年06月09日

「お~いお茶」と「伊右衛門」の新茶を飲み比べてみた

SHV47_0103夏も近付く八十八夜・・・と、この時期には美味しいお茶が飲めるわけで、お茶の老舗である伊藤園と対抗意識を燃やしているサントリー(サントリー食品)は、新茶を期間限定で発売しています。
左がサントリーの「伊右衛門 新茶入り」で、右が伊藤園の「お~いお茶 新茶」
微妙に表現は違うものの、どちらも初摘み(初めて芽吹いた)新茶を使用しています。



本当なら、普段のお茶との飲み比べも行うべきでしたけど、時期が時期だったので、間に合いませんでした。これは来年以降できればやろうかな。


で、伊藤園とサントリーの新茶の飲み比べですが、伊藤園の方は、爽やかな風味ながらもほんの少し渋みというのか、えぐ味というのか、そんな味わいを持っています。ただ嫌な味わいではなく、味の深みとして楽しめる、アクセント的なものなので、お茶が苦手でなければ大丈夫かなと思います。

サントリーの方は、本当にすっきりとしてしまったなぁと。恐らく今のお茶よりもすっきりしているのかなと。丸くなりすぎてお茶の味わいが本当にこんなのだったかなといぶかしく思えるほど(苦笑)。逆に言えば、お茶を普段飲まない人なら、この新茶が薦めやすいと思いますけど、期間限定なのよね・・・。


結論として、別のベクトルで美味しさを追及しているので、どちらも美味いと思います。そして、恐らくですが、いつものお茶と違う味わいになっていると思うので、こっちの方が好きという人もいるかもしれません。
いやはや、こんなふうだと来年の新茶が早速楽しみになってきましたよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:47│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字