2020年09月04日

バスでロンドンまで行ってくる!

ただしインドのデリー発だけどな!


インドのある旅行会社が、ロンドンまでの2万Kmを18ヶ国・70日掛けて行くという壮絶なバスツアーを販売しているそうです。
「Bus to London」と名付けられたこのツアー、インドのデリーからミャンマー・タイ・ラオス・中国・タジキスタン・ウズベキスタン・カザフスタン・ロシア・ラトビア・リトアニア・チェコ・ドイツ・オランダ・ベルギー・フランス・イギリスのロンドンまでを駆け抜けるもので、各座席に専用ロッカーやオーディオシステムを完備した3列ゆったりシートで日中は過ごすことになります。
なお、宿泊は現地のホテルで泊まる格好になり、その前後には自由時間が設定されています。
この代金は、ツアー中の宿泊費・食事代・各国での英語ガイド・ビザ代金などが含まれて210万ルピー(約150万円)だそう。これを高いと捉えるか安いと捉えるかが難しい(苦笑)。

しかし、全行程参加しなければならないというふうでもなく、ピンポイントで参加という形も可能だそうです。大きく4つに分かれており、インパール(インド)~バンコク(タイ)・成都(中国)~カシュガル(中国)・ビシュケク(キルギス)~モスクワ(ロシア)・モスクワ(ロシア)~ロンドン(イギリス)となっています。もちろんお安くなって参加可能なんですが、全工程参加者優先のため、空き無しという可能性もあります。なお、定員は20名だそうです。これも多いのか少ないのか・・・。

そして、もっとすごいのが逆工程もあるとのこと。このツアーが2021年5月出発なので、往来という意味で同年8月に設定されているようで・・・。


しかし、えらく遠回りで行くのだな・・・とルートを見て思ったのですけど、仲の悪いパキスタンや治安の悪い国(イラク・シリア)は避けてるんですね。中国とも緊迫しているので、インド人が入国できない事態になってなければいいんですけど、はてさて。


なお、西へ向かうアジアハイウェイで通れば、結構早くトルコまで行けます。もしかすると、数十日くらいショートカットできるんじゃないかなと。一応今回のルートも一部アジアハイウェイを通っているんですけどね。


水曜どうでしょうDVD第26弾「四国八十八ヵ所Ⅲ/日本全国絵ハガキの旅2」
水曜どうでしょうDVD第26弾「四国八十八ヵ所Ⅲ / 日本全国絵ハガキの旅2」



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0) etc 

コメントする

名前
 
  絵文字