2020年09月11日

さよならぽぷら?

「ワグナリアは辞めないよ!」<だから、そっちの『ぽぷら』じゃない。
2020年現在、大手コンビニ3社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)に寡占化されている中で、小さいながらも気を吐いているコンビニがまだいくつかあります
地域に根差したコンビニなら、セイコーマート(一応関東圏にも数店あり)、鉄道系なら、NewDaysやベルマートなど、全国展開しているところなら、ミニストップやデイリーヤマザキ、そしてポプラがあります。

そのポプラがローソンとの共同事業契約を締結し、来年3月に10月に設立される子会社のポプラリテールが分割される際に、ローソンに継承されることとなりました。
対象になるのは、子会社の所有するポプラ・生活彩家・スリーエイトブランドの計140店舗。全体の1/4強がローソンに転換するのか・・・。もしかすると、ポプラは広島県に本社があるのですけど、中国地方(広島県・山口県)と関東圏以外はローソンに転換される可能性が高いなぁ・・・。


かつて、セーブオンというコンビニが群馬県にありました。しかし、時代の流れとコンビニ業界の寡占化に耐え切れず、最終的にはローソンの子会社になりました。あのサークルKサンクスでさえ、最終的にはファミリーマートに呑まれています
通称「ポプ弁」というご飯の量を自由に盛れるお弁当がウリのポプラが、もしかすると消滅しかねない事態(まだ憂慮はあるようですが)に一抹の寂しさを感じております。やっぱり「ポプ弁」はインパクトあるのよね。他のコンビニではマネできないですから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0) etc 

コメントする

名前
 
  絵文字