2020年09月12日

【北海道物産展の陰で】三越で九州と沖縄の物産展【ひっそりと開催中】

名古屋三越(名古屋栄三越)では、「名古屋三越40周年記念 大九州&沖縄展」を開催しております。
JR名古屋高島屋が「秋の大北海道展」(北海道物産展)を行っている影響か、全体的にひっそりとしていました。平日の夕方だからというのもあるかもね・・・。そのおかげで、ゆっくり人混みを気にせずに回れたので、それはそれでメリットなんでしょうけど、お客の奪い合いのような少々殺伐としていたところもあるので、やはりデメリットになってくるのかなぁ。


というわけで、いろいろ紹介していきましょう。なお、既に紹介している店も買っているんですよ。からし蓮根(熊本)とか吉野のとり飯(大分)とか。


SHV47_0330最初は、福岡県久留米市にある一味ラーメンの「のりねぎラーメン」三越初出店だそうですけど、他の百貨店の物産展には来ていたのかしら。
特徴は、何と言っても薬味(うまみ)と呼んでいるもの。一味唐辛子をベースに16種類のスパイスを入れた調味料ですね。麺も硬さが選べるのですが、物産展で麺の硬さが選べるのは珍しいのよね。当然(?)ながら3倍辛とバリカタというモストなチョイスをば(爆)。



まずスープですよ。とんこつなのにあっさりとしていてクドさは全く無い。このままでも十分に美味しいんだろうなぁ。そこに細い麺が絡むのですけど、そこで初めてスープの味が生きてくるとんこつの風味が立ってくるんですよ。あれだけ下手をすれば薄いのに、麺だけで濃さが出るのは素晴らしい塩梅。バリカタにしているので、麺の食べ応えも十分でした。このあたりは柔い麺がいい人もいるので、人それぞれかな。
そして、薬味。混ぜることであっさり味のスープが一気に辛みとコク深さを増したクセある一品に。宮崎県の辛麺のような感じになるのかな。唐辛子とにんにくの風味でガツンとやられます。麺に絡むとその味わいがさらに出てくるので、クセある一品がさらにクセのある一品になります。もちろんいい意味です(ニヤニヤ)。

これは最高に美味かった。バカみたいに入っているねぎがスープと絡むとねぎの臭みも感じられないほど美味くなるし、のりやチャーシューもいい箸休めになりました久留米市以外にも佐賀県の鳥栖市にもあるということなので、もしかするとワンチャン<当分無いわ・・・。


SHV47_0336・・・味のクライマックスと現実の絶望感を味わったところで(苦笑)、次は九州うまかもんショップの一品です。
こちらは福岡県飯塚市にある南風堂の「博多辛子明太ピー 明太子風」(右)と「博多とんこつピー とんこつラーメン味」(左)
ピーナッツ(落花生)に衣をコーティングしたものです。衣に味が付いているんですね。



どちらも濃い味が付いていて、ちゃんととんこつラーメンと明太子の風味が利いています。お酒のつまみにいいと思いますね。


SHV47_0335それ以外にもいろいろ買ってきました。
中でもちりめんじゃこは、熊本県芦北町産のもの今年7月の大雨で大変な被害が出たところ、現在新型コロナウイルスの影響で放送の遅れている「放課後ていぼう日誌」の舞台のモデルになったところですね。
今回は、福岡県北九州市若松区にあるひびき灘漁業協同組合の「あかもくスープ」と佐賀県佐賀市にある佐嘉の絲の「佐賀カレー」を頂きました



「あかもくスープ」は、もう少し濃くてもいいかなと。ただ、あかもくの粘りはよく出ていて、パンと一緒なら十分いいかなとも。

「佐賀カレー」は、佐賀牛が入っているので、ちょっとぜいたくな気分にさせてくれます。カレーとしては中辛なんでしょうけど、そこまで辛くないと思います。誰もが食べやすいかな。


この催しは9/14までなので、気になるものがあったらば、是非に。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字