2020年09月26日

峠の釜めしならぬ峠の牛めし

SHV47_0394今日、マックスバリュで「駅弁・名店まつり」というのが行われていたので、行ってみる・・・というか目星は付けていた(爆)。
それが、おぎのやの「峠の牛めし弁当」
おぎのやというと、「峠の釜めし弁当」が超の付くほど有名ですが、今回のような弁当もあるようで。もちろんおにぎりもあって、美味しいんだよね。
この商品は、サトウキビの搾りかすで作ったパルプモールド素材で作られた容器で提供されております。これは「峠の釜めし弁当」のエコ容器版でも使われているものですね。グッドデザイン賞ももらった名器です。

なお、群馬県にあるのに長野県の商品(おやきや軽井沢の付く商品など)も販売しているのは内緒だ(ニヤニヤ)。<群馬にも北軽井沢という軽井沢の付いた地名があるんだぜ。



SHV47_0395中はこんなふう。
結構牛肉が入っております。玉ねぎも紅しょうがも入っていて、正しく牛めしだわ。
なおレンチンの際、中に入っているおしぼり・内蓋・紅しょうがを取り除いてからしなければならないところを、いつものクセでそのままやってしまった(爆)。



さて、頂いたんですけど、ご飯は結構薄味ほんのりつゆの味がまとっている感じでした。
ところが、一緒に入っている肉がすごくて、牛肉の味わいがものすごく引き立っているんです。一応つゆの味がまとってあるらしいのですけど、それが無くても十分に美味しいとうならせるほど肉の味わいが最高に詰まっていました。逆に玉ねぎは、つゆの味をしっかりまとい、甘い味が広がってきました
そう考えると、ご飯にはあまり味が付いていない方が正解なのかもしれません。それだけ肉の存在感が半端ないのです。

これで900円(税込)なら大したもので、弁当としては安いとさえ思えるほど。「峠の釜めし弁当」もいいけど、「峠の牛めし弁当」も悪くないと思ったひと時でした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:15│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字