2020年10月02日

レコゲー2020 10月②

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4の注目作の紹介です。


最初は、クラッシュ・バンディクー4:とんでもマルチバース(★)
2004年以来、実に16年ぶりのシリーズでの発売になります(海外では結構出ているらしいが)。『4』となっていますが、実は日本で発売した『4』(「クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー」)は正式なナンバリングではなく、日本独自のナンバリングだったのです。同様に『5』(「クラッシュ・バンディクー5 え〜っ クラッシュとコルテックスの野望?!?」)も日本独自のナンバリングのため、今作は日本独自のナンバリングシリーズとは別の次元の話とされています(要は3で枝分かれしているというふう)。ということもあり、前作の直後から始まるふうになります。
新要素としては、4つのマスクが登場し、時間を遅らせたり、重力を逆にすることもできます。またロープアクションも新しく加わりました。それ以外にも、トンデモアクションが満載とのこと。
久しぶりにクラッシュに会って懐かしいと思う人も多いのではないのでしょうか。動画にも挙げられたように、親子でプレイするというふうにもなるかもしれないですね。

2本目は、ウォッチドッグス レギオン(★)
2014年から続くシリーズ3作目。今回はEU離脱後の混沌としたロンドンが舞台になっています。
街中で協力してくれる仲間を探し、共に戦うという流れになっています。各キャラには個性やバックグラウンドが設定されており、様々な組み合わせでプレイできるようになるとのこと。また、オンラインで仲間を募りプレイすることも可能になっています。
ロンドンを完全再現しているとのことなので、過去にロンドンに行ったことのある人にとっては、住んでいるかのような感覚になるのかもしれませんね。

3本目は、アイカノ ~雪空のトライアングル~(★)
2019年にPCで発売した同作の移植版。2人の彼女を巡る恋物語になります。
移植の際の新要素は無いものの、ハイデフな映像を手軽に楽しめるのは、コンシューマーの特徴になるのかなと思います。

4本目は、となりに彼女のいる幸せ ~Curious Queen~(★)
2020年5月にPCで発売した同作品の移植版。幼少のころからの付き合いのある彼女とのイチャラブを描いたものです。
こちらも新規要素は無いものの、PC版を遊べない年齢層にも遊べるようカスタマイズされているため、物語を純粋に楽しみたい人にも薦めやすい作品に仕上がっています。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:22│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字