2020年10月15日

秋の新アニメ2020 その18 キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

秋の新アニメ2020、18回目はKADOKAWAのレーベルである富士見ファンタジア文庫から刊行されているライトノベルが原作の「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」です。
この作品もCMが頻繁に打たれていて、印象的なシーンが多かったかなと。個人的には主題歌も悪くないかなと思っています。最近CDを買っていないので、チャンスがあれば買おうかいなぁ・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


科学技術が驚異的に発達した帝国と超常の力で動かす皇庁という2つの大国が、100年にわたりお互いの存在に異を唱え戦争を続けていた

ある時、最年少で帝国の最高戦力となった主人公は、ある大罪を犯し、名誉をはく奪されていたのだが、氷禍の魔女と呼ばれる星霊使いの拘束を条件に釈放される。その後、彼は前線で魔女と出会うのだが・・・。



というふう。


初回は、いわゆるボーイミーツガールモノではあるのですが、戦闘シーンの中で出会うという、展開としてはよろしくない印象を持って出会うわけですね。「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」のワンシーンを思い浮かべるとわかりやすいのかな。お互い剣と魔法(超常の力)でバチバチとなるのですけど、ひょんなことからお互いの素の部分を出してしまうことになって、そのモヤモヤが中立都市というお互いが火花を出してしまうとえらいことになる場所で、一気に昇華されてしまう・・・という流れなのかなと。
主人公は仮釈放的な身なのに中立都市とかうろつけるのかとか中立都市とはいえ敵がいるのですから下手に出会うと監視の目が・・・とかとかツッコみたくなるのですけど、ヒロインも護衛が一応いるとはいえ中立都市にのこのこ出てきてしまうのですから、危機管理能力云々かんぬん(苦笑)。まぁいいか、話の流れをぶった切ることは考えない(ギャハ)。


今後、お互いの素の部分をさらけ出してしまった2人が、互いの想いをどう伝えていくのか、そして争うお互いの国をどう治めるのかがポイントでしょう。そう考えると、「ロミオとジュリエット」も混ざってるのか、この作品。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」放送時間
【東京および埼玉・千葉・神奈川の一部】TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)
(水)25:35~26:05

【愛知】テレビ愛知
(木)26:05~26:35

【関西圏および香川・徳島の一部】ABCテレビ(朝日放送テレビ)
(水)26:14~26:44

【BS】BS11(日本BS放送)
(金)25:00~25:30

【CS】AT-X(アニメシアターX)
(水)23:30~24:00
(金)15:30〜16:00
(火)7:30〜8:00

※青字は再放送
Posted by alexey_calvanov at 23:11│Comments(0) アニメ・コミック 

コメントする

名前
 
  絵文字