2020年12月02日

レコゲー2020 12月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


4番目は、「ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年に発売された前作の続編で、前作から3年後の世界を描いたものになります。この作品が、横浜のコーエーテクモゲームスの社内に移ったガストブランドの最初の作品になります。
採取と調合は今まで通りですが、調合に関しては、より分かりやすくなっております。その新要素に「エッセンス」というものがあり、投入すると属性の変化などが起こるようになります。また調合済みのアイテム同士を組み合わせる「エボルブリング」ということもできるようになりました。
なお、ぷにを育てたり部屋の模様替えもできるとのことなので、細かな楽しみが増えたのかもしれません。

5番目は、「幻想牢獄のカレイドスコープ」(PS4Nintendo SwitchPS Vita)(★)
竜騎士07さんが企画・シナリオを手掛け、樋上(ひのうえ)いたるさんがイラストを手掛けるサスペンスアドベンチャーノベルです。
4人の少女が惨劇を終わらせるために閉じ込められた部屋から脱出を図るというものですが、状況によっては全員が死ぬか、あるいは4人のうち3人が脱出できるかという過酷なものになっています。
キービジュアルを見る限りでは、ごく普通の日常を描いたものになっていますが、そこから暗転した過酷な状況を引き立てるためのものだと思うと、結構ゲスい・・・。
なお、この作品が現状PS Vitaの最後の作品になるかもしれません。通常版もさることながら、限定版もかなりのプレミアになるのではないかと思われます。

6番目は、「りゅうおうのおしごと!」(PS4Nintendo Switch)(★)
将棋の学べるアドベンチャーゲームで、弟子にする約束を果たしてもらうために主人公(16歳)の元にやって来た9歳の少女と暮らすものになっています。
内容としてはアドベンチャーパート・クイズパート・将棋パートに分かれており、アドベンチャーパートはアニメの追体験ができるゲームオリジナルのシナリオが用意されています。全て原作者の監修が付いており、12本中2本が原作者が手掛けたオリジナル作品です。
クイズパートは、「将棋クイズ」・「りゅうおうのおしごと!クイズ」・「詰将棋(一手詰)」から成っており、3種類のジャンルからランダムで10問出される「JS研のおべんきょう」と「JS研のおべんきょう」から出された問題を再度挑戦できる「JS研のおさらい」に分かれています。
将棋パートは、その名の通り対局が挑めるモードで、作中のキャラとの対局ができます。こちらは、初級・中級・上級の3つのランクから成っており、将棋ゲームではお馴染みのシルバースタージャパンのAIを採用しています。


次回は、各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:15│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字